夢がかなう日―その時輝いた7人の子どもたち

著者 : 清水久美子
  • 偕成社 (2002年5月1日発売)
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • 13人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784030033009

作品紹介

CHAGE&ASKAに会いたい、X JAPANのhideに会いたい、遠山の金さんにお白州で裁かれたい…。"メイク・ア・ウィッシュ"のささえで夢を実現した子どもたちはすばらしい笑顔を見せてくれた。NASAへの旅、hideが遺したメッセージなど、病気と闘いながら夢をかなえた7人の子どもたちの物語。中学生から大人まで。

夢がかなう日―その時輝いた7人の子どもたちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「メイク・ア・ウィッシュ」
    このボランティア組織を知らなかった。
    子どもたちの夢を実現してくれる、この輪がもっと広がってほしいと願う。

    【内容紹介】
    CHAGE&ASKAに会いたい、X JAPANのhideに会いたい、遠山の金さんにお白州で裁かれたい。“メイク・ア・ウィッシュ”のささえで夢を実現した子どもたちはすばらしい笑顔を見せてくれた。NASAへの旅、hideが遺したメッセージなど、病気と闘いながら夢をかなえた7人の子どもたちの物語。

    【忘れたくない言葉】
    痛みを知っている子のやさしさが身にしみた。

    メイク・ア・ウィッシュは、夢をかなえるときは家族全員参加が基本方針。

    医療ばっかり発達して、全然まわりがついてきていない。こんなきびしい社会にほうり出したんかって、病院を恨んだこともあった。

    まわりの偏見の目を気にしている自分が、いちばんこの子を偏見の目で見ていることに気がついた。

  • 夢も幸せもひとそれぞれで。
    それでいいんだと思う。
    夢をかなえるのに
    「一生懸命」あたしはいきてる?
    そんなことを自分に問いかけました。
    生きてるって素敵だよ。

全2件中 1 - 2件を表示

清水久美子の作品

夢がかなう日―その時輝いた7人の子どもたちはこんな本です

ツイートする