オキノタユウの島で 無人島滞在“アホウドリ”調査日誌

著者 :
  • 偕成社
4.43
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784030034105

作品紹介・あらすじ

1949年に一度は絶滅を宣言されたオキノタユウ(アホウドリ)。この鳥を絶滅から救うため、40年以上無人島での調査を続けてきた克明な記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・保護活動は地道な一歩一歩が大事。そして、諦めないこと、長くずっと続けていくことが大事なのだなあと感じました。

  • 無人島で一人でアホウドリの研究観察をされる長谷川先生を尊敬しています。
    フィールドに出る研究者というのは、本当にサバイバル力が必要なのですね。こうした活動により、一羽でも多くのオキノタユウが増えることを祈っています。

  • 一か月の無人島滞在記として、面白い。

全3件中 1 - 3件を表示

長谷川博の作品

ツイートする