アタゴオル玉手箱 (1) (偕成社ファンタジーコミックス)

  • 偕成社
4.24
  • (77)
  • (14)
  • (44)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 226
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784030140400

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ますむらひろしさんの作品は大好きで、
    アタゴオルはいろいろと、読みました。
    不思議空間がとても気持ちいいです。

    ほかに 宮沢賢治さんの作品もますむらさんが手がけたものも
    大好きです。

    ますむらさんの作品は手元においておきたくなりますね。

  • 「こうして星のまたたきを見ていると夜空の星々も/息をしているみたいだね」

  • 人生につかれた時に読むと癒やされる
    2巻、冬の散歩道が好き

  • 心がホンワカするファンタジー

  • 小学生の頃図書室に全巻置いてあって、穴があくほど呼んだ作品
    今読み返してもすぐに世界観に引き込まれてふわふわ不思議な気持ちになる
    飽きたことはないしこれからもきっとまた読むんだと思う
    地元の誇れる作家さん
    作中に出てくる猫の目の時計は今も町の広場にあって、中二の時に一回鳴いたのを聞いたことがある(笑)

  • 小学生の頃から愛読してるけど、いまだに「パンツ」ってネーミングは慣れない。

  • シリーズ中で1番丁寧に描かれている作品ではないでしょうか。星街の話は小学生の頃からはっきりと記憶に残っている程好きです。食べ物はいままでの作品と同様、とっても美味しそう!クルミだんごに流星コーヒー、ひょうたん座の光で焼いたパン、食べてみたいなあ。

  • 一番好きなファンタジー漫画。世界観が確立されている。建物とか道とかが大きな植物でできてて素敵。夢に出てきたら嬉しい。

  • 二足歩行の猫と人間が住む森アタゴオル。
    巨大な植物、動物が織りなす温かみのある世界と、季節の移り変わりとともに起こる不思議な現象や伝承。
    そして個性的なキャラクター。
    非暴力、非恋愛の他に類を見ない漫画。
    小学校の図書室にあったのを夢中になって読みました。いまでも夢中で読んでます。

  • 図書館の本

全34件中 1 - 10件を表示

アタゴオル玉手箱 (1) (偕成社ファンタジーコミックス)のその他の作品

アタゴオル玉手箱 1の詳細を見る 単行本 アタゴオル玉手箱 1 ますむらひろし

ますむらひろしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アタゴオル玉手箱 (1) (偕成社ファンタジーコミックス)に関連するまとめ

ツイートする