振袖いちま (1) 夢と野望の市松人形

著者 :
  • 偕成社
3.84
  • (11)
  • (4)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784030144002

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小学6年生のとき、なぜか教室の本棚にあったまんが。
    読んだ当時すごくはまった。
    ガーリーテイスト満載なかんじにやられてしまった。
    独特の描写もすきです。
    いちまもゆきもかわいいー

  • ひいばあちゃんの宝物だった市松人形の『いちま』。人形のくせに喋りだした彼女は、ひいばあちゃんの夢を代わりに叶えたいと云った。     ってあたしが!?しかも夢っていくつあんの!?って云う内容です。

  • ファンタジーコミックスの方を持ってます。新作の表紙も好きだけど当時のままの絵柄も好き。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

12月17日生まれ・東京都出身。ファンタジーからエッセイまで、幅広い雑誌で活躍し、『ゆず』『アクアリウム』『おさんぽ大王』『庭先案内』『長い長いさんぽ』など作品を発表。現在は『月刊コミックビーム』(エンターブレイン)にて「庭先塩梅」を連載中。同作の単行本第1弾『水蜻蛉の庭』は、第15回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出された。

「2018年 『どこか遠くの話をしよう 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

須藤真澄の作品

ツイートする