永訣の朝―宮沢賢治挽歌画集

  • 偕成社
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (34ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784030162501

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 永訣の朝
     「あめゆじゅとてちてけんじゃ」
     死にゆく日、最愛の兄に、雪を頼んだ妹とし子。
     その妹への想いを詠んだ詩です。

    他、収録作品は、心象スケッチ『春と修羅』の中から
    「無声慟哭」詩群の五篇…「永訣の朝」「松の針」「無声慟哭」「風林」「白い鳥」、
    「オホーツク挽歌」詩群の五篇…「青森挽歌」「オホーツク挽歌」「樺太鉄道」「鈴谷平原」「噴火湾(ノクターン)」
    作者が『春と修羅』で第二集刊行のために準備していた詩稿から一篇…「薤露青」
    あわせて、計十一篇です。
    画家・遠山繁年の石版石による本格的なリトグラフ作品十九点を装・挿画としています。

  • 所収の詩「永訣の朝」

  • 永訣の朝、暗唱してるから買わなくても良いんだけど。欲しくなる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

大正・昭和時代の詩人・童話作家。岩手県出身。農学校の教師をしながら,詩や童話を書いた。『銀河鉄道の夜』『どんぐりと山猫』等の童話や、詩『雨ニモマケズ』など名作を多数創作。

「2018年 『注文の多い料理店/野ばら』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮沢賢治の作品

ツイートする