ワタネ・マン―わたしの国アフガニスタン

著者 :
  • 偕成社
3.42
  • (2)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (83ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784030163508

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 22年かけて撮影された、アフガニスタンの子供達の写真集。
    戦争が終わっては始まり、何度も繰り返され、過酷な状況にあったアフガニスタン。
    でも、写真の中の子供達はみんな笑顔。
    学校に行けずに働いてる子供達の写真もあり、エピソードが書かれていたが、必ずしも学校に行くことが必須でその子のためになるというわけではないのでは?と疑問も湧いてきた。
    もちろん、読み書きができた方がいい仕事にもつけるが、学校に行けなければ行けないなりに彼らは考えて生きている。
    国際支援て、なんだろう?と根底から考えてしまうくらいの笑顔だらけです。

    メロンを大事に抱えて嬉しそうに歩く女の子の写真が一番好き。

  • 「ワタネ・マン」、ダリ語で「わたしの国」。長倉さんが22年間撮り続けてきたアフガニスタンの子どもたちの写真集。アフガニスタン北部(パンシール峡谷周辺)での写真を中心に、80ページに渡って生き生きとした子どもたちが登場します。

    子どもたちの表情もさることながら、アフガニスタンの空の青と水の青の美しさが印象的な一冊です。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

長倉洋海(ながくら・ひろみ)
1952年、北海道釧路市生まれ。写真家。通信社勤務を経て、1980年よりフリーランスとなる。以降、世界の紛争地を取材。なかでもアフガニスタン抵抗運動の指導者マスードやエル・サルバドルの難民キャンプの少女へスースなどを長いスパンで取材し続ける。第12回土門拳賞、日本写真協会年度賞、講談社出版文化賞、産経児童出版文化賞などを受賞。
写真集に『サルバドル 救世主の国』『マスード 愛しの大地アフガン』(ともにJICC出版)、『西域の貌』(山と渓谷社)『人間交路シルクロード』(毎日新聞)、『地を駆ける』(平凡社)、『その先の世界へ』(クレヴィス)など。最新刊に『世界は広く、美しい――地球をつなぐ色』(新日本出版、全6巻)、『いのる』(アリス館)がある。著書に『フォトジャーナリストの眼』(岩波新書)、『ぼくが見てきた戦争と平和』(バジリコ)、『私のフォトジャーナリズム』(平凡社新書)がある。

「2017年 『長倉洋海写真集 Hiromi Nagakura』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長倉洋海の作品

ツイートする