声の森

著者 : 安房直子
制作 : ひろかわ さえこ 
  • 偕成社 (2006年4月1日発売)
3.67
  • (2)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 24人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784030164208

声の森の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 安房直子の短編に絵をつけた絵本。
    絵本としては文字多めの物語。
    「ひめねずみとガラスのストーブ」http://booklog.jp/users/melancholidea/archives/1/4097264516の系統。

    声の森は生き物のいない森。
    迷い込んだ生き物は、こだまに惑わされて二度と帰れない。
    森に魅かれてしまったニワトリと、ニワトリを追いかける女の子のお話。

    森の描写がけっこう怖い。絵も文字もざわめいている。
    これはドキドキしながら読めるなあ。

    絵と雰囲気が少し、宮沢賢治や「怪鳥」http://booklog.jp/users/melancholidea/archives/1/4336055440っぽい。
    文字と絵から、鳥の声や風の音が聞こえる気がする。
    不気味な森の怖さと、のどかな田舎家のかわいさと、絵のバランスが良い。
    つぼみちゃんはもうちょっと田舎くさいほうがよかったかな。

  • 小さな女の子とだとばかにできない機転がみごとです。

  • ホラーかな?そう思って読み進めると、絵本の壮大なファンタジーの世界に圧倒されます。怖いね、怖いよ。でも、どうか最後まで読んで欲しい。そんな一冊です。(はま)

  • なんだか怖いけど、その分、その先の安心感は大きい

  • すこしミステリアスだったけど、安房さんの絵本もよかったです。

全7件中 1 - 7件を表示

安房直子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
安房 直子
ピーター レイノ...
ジャニス=メイ=...
ポール・フライシ...
ヴィクトール・E...
マージェリィ・W...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする