北の島 グリーンランド

著者 : 長倉洋海
  • 偕成社 (2011年7月8日発売)
4.00
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784030164802

作品紹介

北極点より1300キロ。神々しいまでに美しい氷の世界と、極北にくらすイヌイットの姿をうつしとった写真集。小学校高学年から一般向き。

北の島 グリーンランドの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長倉洋海の写真絵本が2冊、同時に出ました。
    「北の島 グリーンランド」と「南の島 カピンガマランギ」
    子どもにも、大人にも、
    特に学校図書館には、小学校から高校までおすすめです!


    雪原を犬ぞりで走り、
    アザラシやクジラをしとめるイヌイットの人々。
    村の様子、
    子どもたちや家族の写真。
    犬たちの写真。
    その中に、
    「以前は犬ぞりでカナダ側に住む親類を訪ねたというが、
     氷がゆるみ、海をわたることはできなくなった」という一文。

    青くまぶしい海。
    ヤシの葉の帽子。
    キラキラ光るマグロやトビウオ。
    めったに船のこない埠頭。
    環礁に沈んだままの旧日本軍の飛行機。
    子どもたち、老夫婦。
    「あと十年で、さらに十メートルは小さくなるだろう。
     このままいけば、二十年後には人が住めなくなるかもしれない」という島。

    写真の風景は美しく、
    写った人々の笑顔は穏やかだ。

    けれど、南と北に遠く離れているこの二つの島は、どちらも、
    地球温暖化による海面上昇の、いわば「最前線」。

  • グリーンランドの人々の暮らしを追った写真集。『南の島』の姉妹編。

全2件中 1 - 2件を表示

長倉洋海の作品

北の島 グリーンランドはこんな本です

ツイートする