おたんじょうび (まついのりこ あかちゃんのほん)

  • 偕成社
3.27
  • (3)
  • (5)
  • (14)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 124
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (16ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784031024105

作品紹介・あらすじ

ぶーぶー、ゴロゴロゴロゴロ。絵がお話してくれる"字のない絵本"です。幼児にわかりやすいハッキリした絵で表現してあります。さあ、お母さんと赤ちゃんで、うんと楽しいお話をつくってください。1才から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うっかり「それ赤ちゃんの絵本だよ」と2歳9ヶ月児に言いそうになったつまらない大人のハハです。何歳で何読んだっていいじゃねーかと、常日頃思っていたはずなのにな、、、。

  • 「これはソフトクリームといいます!」、「ぼくは紫のペロペロキャンディー」など得意気に喋ってます。
    「じゃあ、パパは赤のペロペロキャンディーにしよー」と言うと、「ううん、パパは一個もないよ」って…、なんでや〜TT
    最後の食べ物が並んでるページで、登場しなかったリンゴがあるのですが、実は表紙でトラックが運んでます。それに気付いた息子は大喜びでした。
    https://www.ehonlog.com/books/70

  • 3歳3ヶ月の娘が
    0歳3ヶ月の息子に読み聞かせ

    お話つくってました

  • (37)1歳0ヶ月

    【選んだ理由】
    図書館のはじめての絵本コーナーでみつけて。過ぎちゃったけどこの間お誕生日だったし!と思い。

    【子の反応】
    しっかりした本の素材、ハッキリした色使い、やっぱり好きみたいで何度も自分でめくっている。母が考えたお話は興味なさそう。

    【母の感想】
    子の反応を見ると、やっぱりハッキリした色使いが好きなんだなーと思う。そして子の心をつかむお話づくりの難しさを痛感…

    字のない絵本でお母さんがその場で作って読み聞かせた方が、子どもが興味を示すとなにかで読んだんだけどなー…

    そして瓶のイラスト、あれはヨーグルトなのだろうか…?

  • 1:7 言葉のない絵本。車が誕生日パーティーの物を運んでくる、しれが楽しいらしい。自分で選んできた本。

  • 絵がほとんど。0から1才向けで、ことばはほとんどありません。たんじょうびを楽しむよりは、コントラストのはっきりとした絵を楽しむ感じです。

  • 2才の誕生日に出す予定。

  • いろんなくるまがいろんな食べ物をはこんでパーティ準備
    C8793

  • チビ1号、幼稚園、「読みの時間」にて

    2010/04/22
    チビ2号、幼稚園、「読みの時間」にて

    2010/06/29
    チビ2号、幼稚園、「読みの時間」にて

    2010/07/15
    チビ2号、幼稚園、「読みの時間」にて

    2010/10/25
    チビ2号、幼稚園、「読みの時間」にて
    チビ2号、幼稚園、「読みの時間」にて2回
    チビ2号、幼稚園、「読みの時間」にて3回目

    2011/02/14
    チビ2号、幼稚園、「読みの時間」にて

  • まついのりこさんの本は、やっぱり好きですね。
    子ども心に訴えるシンプルさとかわいらしさ。
    絵本の導入としては最適な一冊では。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1934年、和歌山生まれ。武蔵野美術大学卒業。自分の子どもに作った手づくり絵本をきっかけに、物語性のある知識絵本や、観客参加型の紙芝居を発表。絵本『ころころぽーん』で1976年、ボローニャ国際児童図書展エルバ賞、紙芝居『おおきくおおきくおおきくなあれ』で1983年、五山賞を受賞。『じゃあじゃあびりびり』(偕成社)など、著書多数。2017年逝去。

「2019年 『となえて おぼえる 漢字の本 小学6年生 改訂4版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おたんじょうび (まついのりこ あかちゃんのほん)のその他の作品

まついのりこの作品

ツイートする