ばいばい (まついのりこ あかちゃんのほん)

  • 偕成社
3.66
  • (58)
  • (58)
  • (102)
  • (17)
  • (1)
本棚登録 : 696
レビュー : 89
  • Amazon.co.jp ・本 (22ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784031024501

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 6カ月児でも結構分かるもんだ〜。

  • バイバイ!お母さんと一緒を見ながら、パパとママとバイバイしよう。日曜日に録画した、お母さんと一緒も楽しすぎ。

  • ひよこ、こんにちは。ひよこ、ばいばい。ぞう、こんにちは。ぞう、ばいばい。うさぎ、こんにちは。うさぎ、ばいばい…。83年刊の改訂。厚紙絵本。(Amazon紹介より)

  • 8ヶ月。図書館で。
    単純すぎてあんまりお気に召さなかったみたい。同じまついのりこさんだと、じゃあじゃあびりびり大好きなのに。
    絵本読みたての頃か、ばいばいがわかるようになると面白くなるはず。

  • (25)0歳11ヶ月

    【選らんだ理由】
    某有名ブログでおすすめされていたので。

    【子の反応】
    よく見ていて、私のばいばーい!の動きに、最近覚えたパチパチパチで返してくれることも♪

    【母の感想】
    ブログで紹介されていた通り、こんにちはでおじぎをして、ばいばーいで手をふりながら読んでみる。子はまだばいばーいができないけれど、パチパチパチで返してくれることもあってほっこり。ばいばーいを覚えたらまた読んであげたいな。

  • 出版社からの内容紹介
    いろんな動物が順々に「こんにちは」、そして「ばいばい」と手をふります。心地よいくり返しが、動物たちとの親近感を深めます。
    読んであげるなら:1才から

  • 「こんにちは」「ばいばい」の繰り返し。すぐ読めるし、マネっこあそびも楽しいです。

  • ばいばーい、って言うと手をふる♪このシリーズは本当に鉄板です。(11ヶ月)

  • 生後7か月で読み聞かせしたところ、なぜかとても嫌がられました。「ばいばい」というのが嫌なようです。なんとなく、別れのことばなのがわかっているのでそうか?

  • 本当に単純なストーリーだけど、
    じっくり聞いてくれます。
    こんにちはでお辞儀をし、
    バイバイで手を振りながら読み聞かせてます。
    バイバイができるようになったらいいな。

全89件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1934年、和歌山生まれ。武蔵野美術大学卒業。自分の子どもに作った手づくり絵本をきっかけに、物語性のある知識絵本や、観客参加型の紙芝居を発表。絵本『ころころぽーん』で1976年、ボローニャ国際児童図書展エルバ賞、紙芝居『おおきくおおきくおおきくなあれ』で1983年、五山賞を受賞。『じゃあじゃあびりびり』(偕成社)など、著書多数。2017年逝去。

「2019年 『となえて おぼえる 漢字の本 小学6年生 改訂4版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ばいばい (まついのりこ あかちゃんのほん)のその他の作品

ばいばいの詳細を見る 単行本 ばいばい まついのりこ

まついのりこの作品

ばいばい (まついのりこ あかちゃんのほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする