みんなでね (まついのりこのあかちゃんのほん)

  • 偕成社 (2001年8月1日発売)
3.63
  • (27)
  • (23)
  • (54)
  • (4)
  • (2)
  • 本棚登録 :290
  • レビュー :47
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784031024600

みんなでね (まついのりこのあかちゃんのほん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まついのりこさんのあかちゃんのほんシリーズなら間違いないかな⁉と思って、他の何冊かと一緒に購入するも、これはあんまりやったかな。しかもなぜか行方不明。捜索中。

  • 4ヶ月。
    同シリーズの"じゃあじゃあびりびり"や、"ばいばい"とは違って、みんなでね〜やったの。というようなお話なので自我が出てきてから読んだらまた違うのかな?
    優しい絵ですが、最後まで見ていることはできました。
    まだちょっと早い感。

  • 4-03-102460-6 23p 2001・3・? 50刷

  • 童話館ぶっくくらぶ配本 たんぽぽコース6月

  • 「じゃあじゃあびりびり」と同様、無反応です、わが娘。
    この真っ赤な表紙が怖いんじゃないかなぁ…?

  • 1歳5か月
    急にはまった。
    ネコがミルクをこぼしているのが気になるらしい。
    「あ、こぼしちゃったー」というと大爆笑。

    娘1歳6ヵ月
    兄と違い、気になる本はその場で何度も読むタイプの娘。
    この本も、真剣な顔で最後まで聞いてから、「もっともっと」。5、6回ノンストップで繰り返しました。

  • 3歳で読みました。
    まんま等赤ちゃんに使う言葉がでてくると、???になっていたようでした。

  • 0歳10か月から。
    最初は絵が小さいかな、と思ったけど、1歳になった今は案外好きらしい。

    一日の朝起きてから夜寝るまでの生活をたどるだけで、大人の私には何のおもしろみも感じられないけど、息子にはふだん自分がしていることが絵本の中に現れるのがおもしろいみたい。
    起きる、食べる、ぶーぶー、おふろ、寝るのページが好き。
    ブランコは未経験なので、ぶーらんのページはさっとめくってしまう。

  • 読みきかせているだけで、優しい気持ちになれる絵本。
    この本を読むと、自然と語り口も穏やかに、ゆったりした自分になっていることに気がつきます。

    1才半のムスコも大好きで、寝る前にたまに暗唱しています。

    「みんなでね ぶーらんしたの」

    が、私もムスコ一番好きなところ。

    これを読んだ次の朝、
    「ブランコ」遊びを「ぶーらん」と言えるようになりました(^-^)

  • みんなでね、おきたの。
    みんなでね、まんまたべたの…

    子どもの一日の生活に即した繰り返しの絵本。
    ゾウやネコ、アリ、そして風船と、子どもたちの大好きな生き物(は)と一緒に一日を楽しむ様子が描かれる。

    繰り返される「みんなでね」のあったかさが嬉しい。
    自分では動けないはずの風船とかたつむりが、どうやってみんなと一緒に行動しているかに注目するのも大人としては楽しい。

    小さいサイズの絵本だが、輪郭線がくっきりしていて分かりやすいので赤ちゃん向けおはなし会にも。
    「まんま」「泣く」「おふろ」など理解し始めた1歳半頃からの子たちにおすすめ。
    最後が「ねんね」なので、お昼寝や夜寝る前の一冊としても使える。

全47件中 1 - 10件を表示

みんなでね (まついのりこのあかちゃんのほん)のその他の作品

みんなでね 単行本 みんなでね まついのりこ

まついのりこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
なかの ひろたか
酒井 駒子
A.トルストイ
前川 かずお
有効な右矢印 無効な右矢印

みんなでね (まついのりこのあかちゃんのほん)はこんな本です

みんなでね (まついのりこのあかちゃんのほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする