おおさむ こさむ (あかちゃんのわらべうた( 6))

著者 :
制作 : 遠藤 てるよ 
  • 偕成社
3.62
  • (4)
  • (7)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 56
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (20ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784031120609

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実際に歌みたいにやってみた
    おしくらまんじゅうも座って

  • 読み心地の良い、リズム系の絵本でした。

  • 昔こんな唄、歌ってた…

  • 前半部分は覚えていませんでした。

    なので聞いてみましたが覚えがなくて…。

    でも「おしくらまんじゅう 押されて泣くな」は覚えていましたよ。(笑)

    なんだかホッコリとする絵が好きです。

  • 山からうさぎやきつねやたぬきが泣きながら下りてくる。
    みんなでおしくらまんじゅうをしてあったまる。

    おしくらまんじゅう押されて泣くな、は分かるけれど、前半部分も歌なのだろうか。

  • 09/11/21図書館で借りた本。
    前半より後半部分のが好きなようです。
    「おしくらまんじゅう 押されて泣くな」しか知りませんでしたが
    この本読んで、続きを知りました。
    本を閉じたあとでもおしくらまんじゅうのくだりを繰り返しながら
    ぎゅっと抱いてやる(二人おしくらまんじゅう?する)と
    嬉しそうにしてくれます。
    スキンシップの一助になる本??

  • 松谷みよ子さんのわらべうたシリーズ。
    懐かしいフレーズ

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

1926年東京生まれ。児童文学作家。戦時中の1943年、童話『とかげのぼうや』を執筆。戦後、坪田譲治に師事し、1951年に『貝になった子供』を出版。1955年、瀬川拓男と結婚後、ともに民話の採訪に取り組み、共著『信濃の民話』『秋田の民話』を皮切りに、民話の採録・再話をつづける。
『龍の子太郎』(国際アンデルセン賞優良賞)、『ちいさいモモちゃん』(野間児童文芸賞)以降のモモちゃんシリーズ、『いないいないばあ』以降の「あかちゃんの本」シリーズや「あかちゃんのわらべうた」シリーズ、『朝鮮の民話』全3巻、『私のアンネ=フランク』(日本児童文学者協会)、『あの世からの火』(小学館文学賞)など著書多数。民話に関する著作に『昔話十二か月』全12巻、『現代民話考』全12巻、『現代の民話』など。

松谷みよ子の作品

ツイートする