おでかけ版 いないいないばぁあそび (あかちゃんのあそびえほん おでかけ版ボードブック)

  • 偕成社
4.08
  • (44)
  • (19)
  • (31)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 391
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (29ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784031241106

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1歳0カ月。
    息子はいないないばあ系の本が苦手で、なぜかいつも、ばあ!で泣いてしまいます。こちらも同じでした。笑 

  • 11ヶ月
    毎日何度も開いて自分でめくって「ばあ〜」って言う。この本でいないいないばあが出来る様になった。

  • 3ヶ月頃から。最初は見てるだけだったのがだんだん自分でめくるように。おもしろいみたい。

  • 生後半年くらいから、もうお気に入り。
    別になんのストーリーがあるわけでもなく、いろんな動物や人が、いないいないばあをするだけの本なんだけど、いないいないばあが子どもは好きだし、あと、この、本を簡単にパタパタめくれる、っていうところにハマる模様。

  • 1:0 繰り返し繰り返しめくって遊ぶ。ばあ〜って言えないから、むぁ〜って言いながらつば風船をふくらましてる。

  • 10ヶ月の頃から自分でめくって楽しんでいるようです。
    1歳過ぎからは、最後のママもいないいないばぁ!が特にお気に入り。いないいないばぁで豚さんママが登場して、さらにめくると本物のママ(私)が登場する!ってところが楽しいようで、何度も何度も繰り返しやりました。
    2歳。未だに大好き。

  • さだかねさんから頂いた本。もっとも最初に顕著な反応をみせた。自分でめくることを覚えたし、とても良い本。

  • 0歳から使えるという…いないいないばあの引きおそるべし。

  • 20150129図書館。1歳1か月。いないいないばあは勿論大好きなので、この本も気に入っていた。一人でめくって楽しんだりもしていた。何回も読んでハマるという感じではなかったが、彼が余裕を持って(?)楽しめるレベルの本。

  • 自分でめくろうとしてくる

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1948年東京に生まれる。多摩美術大学卒業。絵本・童話を執筆するかたわら、テレビ幼児番組のブレーン、女子大学講師を務めるなど、幼児に関わるさまざまな活動をしている。主な作品に『ごあいさつあそび』『いないいないばあそび』など赤ちゃんに大人気の「あかちゃんのあそびえほん」シリーズ、「きむらゆういちしかけ絵本」シリーズ、「あらしのよるに」シリーズなど多数ある。

「2020年 『てあらいできるかな』 で使われていた紹介文から引用しています。」

きむらゆういちの作品

おでかけ版 いないいないばぁあそび (あかちゃんのあそびえほん おでかけ版ボードブック)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×