とどくかな (はたらくくるま)

著者 :
  • 偕成社
3.83
  • (24)
  • (48)
  • (43)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 662
感想 : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784031251402

作品紹介・あらすじ

ひとやものをうえへはこびあげるくるまたち。ういーん、ぐいーん、たかいところまでとどくかな?0歳から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2歳2ヶ月
    大ハマり。
    初めて読んだ時は、
    運べた
    ときに、拍手をしていた。

  • 三浦太郎さんのこちらのはたらくくるまシリーズはなぜかこどもにはあまりヒットしない……なんでだろうか?

  • 1y4m
    やっと乗り物に興味を持ち始めたので、借りてみました。もう少ししたら楽しめるかもという感じでした。
    よいしょの方が反応は良かったです。

  • 2歳6ヶ月。
    ここが伸びるんだ!と楽しそうでした。

  • ☆2歳5か月
    働く車が大好きなので、楽しそうにしています。
    親としては「おたすけこびと」(なかがわ ちひろ (著), コヨセ ジュンジ (イラスト)・徳間書店)に出てくるあの自動車はコンクリートポンプ車だったのか!と新しい発見がありました 笑

  • 1歳8ヶ月
    内容はごくごくシンプルで
    大人から見るとそんなに面白みは無いかな

  • 2歳半。
    消防車の表紙がお気に入り。

    何度も何度もせがまれます。
    ストーリーよりも、車がたくさん出てくるのが楽しいのかしら?

  • (保育園の絵本)1歳10か月

  • 7か月 無だった
    1歳8か月 まぁまぁ好き

  • 1歳2ヶ月の子どもが「読んで」と持ってきます。
    「とどいた!」と言うと、嬉しそうにニコニコして見ています。

全41件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

明治大学文学部教授。
著書に、『図書・図書館史:図書館発展の来し方から見えてくるもの』(編著、ミネルヴァ書房)、『図書館と読書をめぐる理念と現実』(共著、松籟社)、『図書館研究の回顧と展望』(共著、松籟社)などがある。

「2022年 『公立図書館の思想・実践・歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三浦太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×