いいこでねんね できるかな (あかちゃんのあそびえほん)

著者 : 木村裕一
  • 偕成社 (1993年11月1日発売)
3.68
  • (12)
  • (18)
  • (29)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :171
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784031310703

いいこでねんね できるかな (あかちゃんのあそびえほん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1:0 繰り返しくりかえし読んで!と持ってくる。ねんね、コロリン、と言うと、寝っころがる姿がかわいすぎる!

  • 373
    2y10m
    普通に何度か読む

  • ページをめくる動きがそのまま登場する動物の動きになるのはいいね。

  • ねんねする様子を仕掛けで楽しく読んで上げられる作品です。
    とても面白く読み聞かせができました。
    ゆうちゃんの眠れない様子がイマイチ分かりにくいのが気になりますが、可愛らしくてオススメです。
    (5ヶ月)

  • 2009/10/22図書館
    このシリーズは、好きみたい。

  • とても簡単なしかけ絵本です。

    次男が好きな1冊です。
    「○○(犬、ネコなど)おやすみなさ〜い」
    と語りかけると
    ムスコは両手をあわせてほっぺたに・・・
    (我が家の「おやすみなさい」の合図です)
    1ページ1ページ「おやすみなさい」の合図を見せてくれる
    息子とのやりとりが楽しい1冊です。

    永く愛される絵本ってやっぱりこどものくいつきがいいですね。
    私自身このイラストが好みじゃないので☆マイナス1つ・・・ごめんなさいっ!

  • 娘がねんねしてる〜と見ながら言っています。

    娘はまだ、おっぱい飲んでねんねです。

    そのうち、お人形さん持ってか、毛布をかぶってでねんねしてくれるといいな〜。

  • たっつぃーはゆびしゃぶりをした事がないから、ピンと来てなかったみたいでした。こういうふうに素直に寝て欲しいー。

  • こどもはやっぱり一人で眠れないのでしょうか。
    絵本の中でもお母さんに本を読んでもらいながら寝る主人公。

  • 子どもは寝るに限る。
    赤ちゃん向けです。

全13件中 1 - 10件を表示

木村裕一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印

いいこでねんね できるかな (あかちゃんのあそびえほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする