ロバのロバちゃん (デュボアザンの絵本)

制作 : くりやがわ けいこ 
  • 偕成社 (1978年11月1日発売)
3.87
  • (8)
  • (10)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 75人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (46ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032010107

ロバのロバちゃん (デュボアザンの絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ロバちゃんが自分の耳のカタチを気にしすぎて、他の動物の耳をマネしようとするが、最後は自分の耳が一番だと気づくお話。

  • 29年度 3-1
    11分

  • ロバくんが、お医者さんに診て貰うところがかわいい。

  • 耳の形がいやになり、かなしくなったロバちゃん。かっこいい他のどうぶつの耳のまねをするけれど、同じようにかっこよくはなれなくて・・・。ロバちゃんがお気に入りの耳を見つけるまでのおはなし。おはなし会に。
    素朴でまじめなんだけど、どこかユニークな絵。

  • 10分

  • 可愛い絵本ですが、読み聞かせをすると13分くらいかかります。ロバちゃんの大きな耳が他の動物と違うので、犬や豚に相談します。ロバちゃんは自分の耳がどうあるべきなのか、わからなくなってしまいますが。そこへスズメのダニエルが来て教えてくれます。『ロバはロバらしくいればいいんだよ』って。自己肯定がテーマです。3年生か4年生くらいがいいようです。

  • 自分の耳がどんなだったら素敵になるのかな?ロバちゃん、自分らしさが見つかってよかったね。

  • 6分くらい。
    ロバのロバちゃんは、自分の耳が長くてまっすぐ立っているのが気に入りません。馬のパットくんの耳の方が素敵だからです。
    で、色んな動物に相談して、耳をたらしてみたり、横にしてみたり、前にしてみたりするのですが、どれもダメ。
    スズメがやってきて、ロバちゃんに一言「ロバはロバらしく耳をピーンと立てとけよ」。

  • ロバちゃんの目つきが、ダンナに似ている・・・
    ロバちゃんとちゃん付けなのが可愛い

全9件中 1 - 9件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーシャ=ブラウ...
ジャニス=メイ=...
にしまき かやこ
A.トルストイ
瀬田 貞二
ユリー・シュルヴ...
モーリス・センダ...
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする