よかったねネッドくん (チャーリップの絵本)

制作 : やぎた よしこ 
  • 偕成社 (1969年8月発売)
3.94
  • (6)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784032010404

よかったねネッドくん (チャーリップの絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私の、読み聞かせデビュー作です。

    小学校で、ボランティアのお母さん達が絵本の読み聞かせをしていて、友達に誘われて一年生、次女のクラスを担当することになりました。

    何人かのお母さんでローテーションを組み、私が当たったのがこの本。

    正直、みんながどんな風に聞いてくれるか心配でドキドキしてましたが、この本の内容に救われました。
    ネッドくんが、びっくりパーティの会場へ行くのですが、飛行機に乗ったと思ったら爆発→でもパラシュートがあって助かった→パラシュートに穴が空いてた…と、運がいいことと悪いことが交互に起こるので、子どもたちは「次はこうなるんじゃない?」なんて展開を予想しながら楽しんでくれました。
    最後には「もう一回読んで」と言われたほど。

    いいデビューになりました。

  • おはなし会で読みきかせをしてくれたことがある。
    実際に手にとってよみたくて、図書館で借りた。

    びっくりパーティーへ向かう、ネッドくんのおはなし。
    原題『FORTUNATELY』。

    これがマンガ的なら、現代の絵本はほとんどマンガ的なんじゃないだろうか。
    運がいいのかわるいのか、次々と何かが起こる。
    でもそれをきっと切り抜ける、ネッドくん。
    予想しづらい展開だから、なおさらおもしろいのかも。
    ラッキーなのはカラー、アンラッキーなのはモノクロになっていることに、気づかなかった。
    個人的には、可もなく不可もなく、という感じ。

  • 誕生日のサプライズパーティは、いいね!

  • よかったことと悪いことが交互におきてドキドキハラハラ。色なども効果的に使われてて、素晴らしい絵本だな。

  • 一年生に読み聞かせ。いつもみんな気に入ってくれる本。

  • ピンチはチャンス★『おもしろい』だけじゃない、人生励まし本!


  • どんな災難がおそってもこのポジティブさ!

    そして私も言いたくなります。
    「よかったねネッドくん!!」

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
馬場 のぼる
なかがわ りえこ
酒井 駒子
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

よかったねネッドくん (チャーリップの絵本)はこんな本です

ツイートする