あたし、ねむれないの (世界の絵本)

制作 : ペール=ベックマン  やまのうち きよこ 
  • 偕成社
3.45
  • (1)
  • (8)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (27ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032011500

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み再製本した、ユニバーサルデザイン絵本の貸出をしています。
    ・ 状況が「読みたい」になっている本は、貸し出しできます。
    ・「いま読んでる」になっている本は、貸し出し中です。
    貸出方法については、ユニリーフのHP  http://unileaf.org/  をご覧下さい。

  • どんどん、登場人物がでてきてとても楽しい。眠れないこがだんだん眠くなってきてるのを見るのもかわいい

  • リーセンはベッドに入っても眠れない。
    そこで、リーセンは一緒に眠ってくれる仲間を連れてくるのだが・・・

    くりかえしのお話。
    眠れないリーセンがベッドのお伴を次々に連れ込むのだが、それぞれ「眠れない!から、○○を連れてきて~」という。リーセンはそのお願いを聞きいれて、次々にぬいぐるみたちを連れてくるが、最後はリーセンの眠るところもなくなってしまった。

    最後のオチ、おかあさんのやったことがふるってる。

  • 夜、寝付けない女の子が寝付くためにあれこれ運んできます。その様子がとてもかわいらしい絵本。

  • 1時過ぎに目を覚ましベッドでゴロゴロする娘に読んだ。
    ぬいぐるみ達と一緒に目は瞑ってくれたけど…寝てはくれないか

  • 女の子に読み聞かせしてあげたい絵本です。
    まるでお人形のような主人公の女の子、リーセン。
    子どもながらに“異国”を感じる絵だと思います。

    左のページには、ずっとベッドが描かれ、
    ページをめくるごとに、ベッドの上に、お人形やぬいぐるみがひとつずつ増えていきます。
    その彩りのキレイなこと。
    子どもと肩を寄せ合って、読んであげたい1冊です。

  • 絵がとっても印象的。知らない人が多い気がするけどおやすみ前にオススメです。眠れないからと人形を次々と持ってきて ベッドに寝かせるのですが、あたしの寝る場所がなくなるんです。
    子供の目線で表現されていて大人になってもみたい絵本です。

  • 子どもの頃・・・眠れなかった私。
    思い出すな〜

全9件中 1 - 9件を表示

カイ=ベックマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョン・バーニン...
にしまき かやこ
トミー=アンゲラ...
モーリス・センダ...
なかがわ りえこ
マーシャ=ブラウ...
トミー・ウンゲラ...
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする