パンダくんパンダくんなにみているの?

制作 : エリック・カール  おおつき みずえ 
  • 偕成社 (2004年10月1日発売)
3.60
  • (9)
  • (16)
  • (22)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :106
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (25ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032015102

パンダくんパンダくんなにみているの?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1:5 くまくんくまくん、と同じパターンでちょっと違う、こういうの、面白いねえ。絶滅危惧種が色鮮やかに次々出てきます。

  • こどもと掛け合いしながら読む絵本。動物のえがかわいい。

  • 24年ぶりの上野のパンダの赤ちゃん、本当に残念でした。動物園で訃報をきいた子どもたちが泣いてるニュースの画面にもらい泣き。
    うちのコは「絶滅しないように進化していけない動物なんだね」と冷静に言って、私を不愉快にさせた。「お前はアリエッティの翔か!」って。あの大きな体でなぜあんな小さく産むんだと思うけれどさ。

    エリック・カールの次々動物が出てくる「なにみてるの?」シリーズで、絶滅危惧種が登場するのがこの絵本。誰が出てくるのかな?って開いてから楽しみたい人は以下を読まないでね。
    「夢みる坊や」と同じく、それらの動物を覚えておきたいので備忘録。

    ジャイアントパンダ→ハクトウワシ→アジアスイギュウ→クモザル→アオウミガメ→マカロニペンギン→クロアシカ→アカオオカミ→シロツル→クロヒョウ

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • 長女の小学校での読み聞かせで読んだ。もう少し時間があれば、動物たちが、なぜ絶滅の危機にさらされる事になってしまったのか話せたかな。

  • クモザルの手がすごく長かった!by5歳息子

    希少動物ばかりがリレーされます。

  • えーーー

    うーんと
    いろんな動物が出てきてちっちゃいこは楽しい・・かな?

    と、今見返しのとこみたら、
    出てくる動物はみんな「絶滅危惧種」なんだそうです

    ひえええそうなのかー

    動物とか生き物が絶滅したりするのはある意味仕方ないことなのかなーとかも思いますが、
    人間のせいで、人間が地球に生きてるから、絶滅しちゃうとかってのは、人間の一員(?)として申し訳ないなーとか思います。。

  • いろいろな動物がでてきて、小さなこどもが楽しめる絵本
    いろもエリックカールさんらしいです

  • 見開きページいっぱいにいろんな動物が描かれています。実は、この絵本に出てくる動物たちは絶滅のおそれがある野生動物。その動物たち、環境に興味を持つように願いが込められた絵本です。

  • ままいく2008年度7位

全18件中 1 - 10件を表示

ビル・マーチンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
なかの ひろたか
馬場 のぼる
A.トルストイ
にしまき かやこ
トミー=アンゲラ...
酒井 駒子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする