カクレンボ・ジャクソン

制作 : David Lucas  なかがわ ちひろ 
  • 偕成社
3.69
  • (7)
  • (11)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 96
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (25ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032015201

作品紹介・あらすじ

絵本の主人公なら、いちばんめだつように描いてあるはず。ところが、この本はちがいます。なぜならカクレンボ・ジャクソンは、とても、はずかしがりやで、読者にさえ気づかれないようにと、背景にかくれてしまうから。繊細で、感じやすいカクレンボくんは、心のなかに、美しいものへのあこがれを育てていました。そのあこがれが彼を導いてくれたのは、さて、どんな人生だったでしょう…?3歳から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“ビブリオバトル”で登場。
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/highlight/11.html

    これまで、およそ200名の大人の方に、この本を読んできたという近藤さん。
    「自分の中にある、メッセージに、自然と気づかされる一冊」
    「なかなか忙しくて自分を見つめる時間がとれない大人に読んでほしい一冊です」

    結果はみごと勝利!


    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/teaser.php

  • 2016年度 3年生  6分 
    静かに聞きながらもジャクソンが何処に隠れているかちゃんと見ていて教えてくれました。
    「あそこに隠れてる~」とか「そこにいる~」といつもよりは小さな声で教えてくれました。

  • 恥ずかしがり屋でも、洋服を作るセンスは抜群ね❗️

  • なんだろう、かわいい絵本。
    はずかしがりや、でもそれもいいところ。

  • ほんわりした描線とほほえましい物語が合わさって、楽しい絵本。
    カラフルなのに抑えた色合いが、はずかしがりやのジャクソンに合っている。

    カクレンボしなくなったということを表した最終ページが微笑ましい。

  • はずかしがりやのカクレンボ・ジャクソンは周囲に同化する衣装を作る特殊技能を持っていて、それがひょんなことから王様と女王様に認められて人気デザイナーになるというお話。

    絵の中からジャクソンを探す楽しみもあるし(ミッケ!みたいに難しくはないです、はっきりした絵柄なのでかんたん)ストーリーも立身出世でリア充になれる系の明るいお話なので読み聞かせにいいかも。

  • カクレンボ・ジャクソンは、とてもはずかしがりやで、読者にさえ気づかれないようにと、背景にかくれてしまう。
    繊細で、感じやすいカクレンボくんは、心のなかに、美しいものへのあこがれを育てていた。
    そんな彼にある日、お城から招待状が届いた。
    さて、恥ずかしがり屋のジャクソンはどうするのか?

    原題 Halibut Jacson by David Lucas

    ジャクソン自身は変わらずに、自身が生きる道がおのずと表れてきたジャクソンは幸せだと思う。

  • 2013.11.27 2-1
    2013.12.11 2-3

  • おお、かくれんぼだ☆
    けっこう好きかも。

  • 極度のはずかしがり屋のカクレンボ・ジャクソンが服でカメレオンのようにかくれている姿がとてもかわいく楽しい絵本。
    またその隠れるための服作りの技術で服屋さんとなり、繁盛します。その成長の過程も楽しめる絵本です。

全18件中 1 - 10件を表示

デイヴィッド・ルーカスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかがわ りえこ
ジョン・クラッセ...
A.トルストイ
デビッド マッキ...
ユージーン トリ...
ヨシタケシンスケ
ポール・フライシ...
ユリー・シュルヴ...
マージェリィ・W...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする