くまのビーディーくん (世界の絵本)

制作 : まつおか きょうこ 
  • 偕成社 (1976年2月発売)
3.89
  • (13)
  • (14)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
  • 140人登録
  • 27レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (46ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032022308

くまのビーディーくん (世界の絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ビーディーくんとセイヤーくんの絆がほっこりあったかい。子供は誰もが自分の「ビーディーくん」をもっているはず。うちの子は読み終えると大好きなぬいぐるみをぎゅっとしにいきました。

  • ぜんまい式のクマのぬいぐるみビーディー。ぜんまいを巻くと自由に動き、ぜんまいが戻るとカタンと止まってしまう。5歳の息子は、一人で冒険に出かけたビーディーのぜんまいが止まってしまわないかずっとヤキモキしていた。
    持ち主の男の子とビーディー君の友情が心温まる。オモチャというより相棒だ。息子は「なんでこんな大きい男の子なのにぬいぐるみもらったんだろう」と不思議そうでしたが(笑)

  • 2歳0ヶ月、まだちょっと早いか?と思いながら借りてきましたが、
    二人とも食いつきました。特に兄は「穴」弟はビーディー君の鍵が好きなようで、
    次のページは?と待ちきれない様子。
    また「ほらあな」という言葉を覚えたり、ねぐららしき場所(部屋の隅など)に枕を持ってくる行動を真似しています。

  • とても印象に残ったようで、くまのぬいぐるみをみたりすると、「ビーディーくんだ」と言うようになった。
    味わいのある絵と、よい印象の話で、好きな本です。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • 年中さんの読み聞かせ。クリスマス時期。最初のページに少しクリスマスツリーが見えてる所が粋。「皆さんは大切にしているおもちゃとかぬいぐるみ、お人形さんはありますか?」最初の扉にゼンマイが描かれてるので、巻く仕草。この絵本自体をくるくる巻いてみるのも面白い!表と裏が同じ絵だから。
    年中さんものすごく集中しました。
    小学2年生あたりは、同じ作者の「くまのコールテンくん」すごく集中する。
    男の子版と女の子版どちらも素晴らしい。

  • くまのコールテンくんの作者

  • 絵は白黒です。版画でしょうか。味わいがあります。くまのおもちゃのビーディと男の子の話。大切なものとのつながりを感じとれる作品です。

  • ねじまきぐまのビーディーくん。愛らしくて涙がでる。かわいらしい。男の子の仲の良さも素晴らしい。何回も荷物をとりにいくところもいい。
    見開きで2P。
    冬、クマ、ともだち、家出

  • 白黒の絵が想像力を育む。心が暖かくなるストーリー。冬に読みたい。

全27件中 1 - 10件を表示

ドン=フリーマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

くまのビーディーくん (世界の絵本)に関連するまとめ

ツイートする