いたずらビリーとほしワッペン

制作 : Pat Hutchins  乾 侑美子 
  • 偕成社
3.67
  • (4)
  • (2)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032025101

作品紹介・あらすじ

いたずらかいじゅうビリーがようちえんにいくことになった。でも、あかちゃんのときから、「せかい一わるいかいじゅう」だったビリーですから、ようちえんにいくのだって、たいへん。おねえさんのヘイゼルが、いい子にしていたら、ほしのワッペンがもらえるよ、といっても、ビリーはいい子になんかなるつもりはなさそうだ。ところが、ようちえんでは、ビリーがわるいことをすればするほど、先生はかしんして…そうですとも、ここは、かいじゅうたちのようちえんなのですから。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [墨田区図書館]

    買い物前に図書館に寄ったら、「本を読んでいる」というのでしばらく放置している間に読んだという一冊。

    このシリーズは数冊読んだことがあるし、うち1冊はリサイクル本がうちにある。それを踏まえた上で読んだらしい。確かにこのシリーズは単純におもしろいし、それでも多少ほっこりするよね。
    それにしても、園の先生の素晴らしい対応っぷり!!!!!
    よく称賛される対応よね。読んだ直後の今だけでも、「見習いたい」

  • いたずら怪獣のビリーが幼稚園に行くことに。
    でも、ビリーは行きたくないと連れて行くのもやっと。
    いい子にしていれば星のワッペンがもらえると言うけれど、ビリーはいい子にしいたくない。
    絵を描く時間では絵具をぐちゃぐちゃにするし、歌の時間には大声で怒鳴る。
    ダンスの時間には大暴れ。
    その度に先生は、怪獣らしく素晴らしい、と星のワッペンを付けてくれる。
    帰りの時間、ビリーは今度は家に帰りたくないと大声で泣く。
    他のお母さんやお父さんまでもが恐ろしいと思うほど。
    幼稚園の先生は素晴らしい鳴き声だとして、また明日星のワッペンをくれることを約束するのだった。

    行儀が悪くても、その行儀の悪さが怪獣らしくて素晴らしいと評価される。
    流石怪獣の世界。
    相変わらずあべこべ。

    短いけれど、テンポがいいのと、絵が独特で楽しめる。

    このシリーズ、ビリーが生まれる話を読んだことがある。

  • 娘4歳5ヶ月、息子1歳8ヶ月時、図書館にて借り

    「ようちえんたのしいのにねー」
    「いたずらで褒められるなんてねー」
    おりこうさんな娘はご不満

  • 幼稚園に行きたくなくて大泣きの怪獣ビリー、幼稚園でも言うこと聞きたくなくって大暴れ。絵の具をこぼしたり大きな声でわめいたり、ダンスの時にむちゃくちゃ動いたり。
    でもせんせいはそのたびに、こんなにすごいの初めて、なんて怪獣らしいんでしょう!ってほしのワッペンをくれました。
    今度はおうちに帰りたくなくなってないちゃったビリー。

    息子にほしのワッペン欲しい?って聞いたら、ほしーって言ってました。
    あとおつきさまのワッペンもだって。
    今度つくるかー

  • いやいや期のビリー。

    幼稚園もいや。
    歌うのもいや。
    絵を描くのもいや。
    踊るのもいや。
    帰るのもいや。

    でもね、そんないやいやビリーを褒める先生。

    いやいや期のこどもを持ったお母さんへ・・・
    いやいや期の子育てのヒントが見えるかも。

全5件中 1 - 5件を表示

パット・ハッチンスの作品

ツイートする