ロボットとあおいことり

制作 : David Lucas  なかがわ ちひろ 
  • 偕成社
3.83
  • (7)
  • (17)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784032027006

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「幸福の王子」を思い出すような、人の役に立つという事は、幸せになるのね〜

  • 読み返したらラピュタに出てくるロボット兵と重なった。

  • 心臓がなくなってこわれてしまったロボットと南へ向かう小鳥との心が温かくなるおはなし。

  • 最後には動けなくなってしまったロボットだけど本当の幸せを手にできたんだろうなって思いました。

  • 主人公は心臓が壊れて廃棄されたロボット。
    からっぽの胸の中に凍えた小鳥が入ってきて、暖かさを感じる。
    この寒い冬を小鳥は越せないから、小鳥を胸に入れて暖かい場所を目指して移動する。
    なんかブリキの樵かロボット兵みたいだな。

    小鳥とロボットの関係が半端で好きじゃない。
    話せるのに交流が薄い。なのに命がけの行為だけは重い。

    どうせ動くなら自分のために動いてほしい。
    小鳥が擬人化されてない小鳥で、会話もできないけれどロボットが勝手に動くとか、
    幸福な王子みたいに(あれは逆だけど)頼まれて動くとか、
    どうせ廃棄されるゴミだから最後にひとはな咲かせようとか、
    誰の意志で誰のためってのがハッキリしてるのが私は好きだ。


    一見ダンデライオン系だけど、「通じないけど通じてる」じゃなくて「通じてるけど通じてない」に見えてしまう。

  • ことりのために頑張るロボット・・・しんみり考えさせられる絵本でした。

  • ええ話やないかい。
    泣ける。
    泣いちゃう。

    ロボットもシアワセだったと思う。

  • 2012年3月30日

    <The Robot and the Bluebird>
      
    装丁/タカハシデザイン室

  • 感傷的。
    だれかのためにがんばるっていうのはとても素晴らしいことなんだということを教えてくれる。
    しあわせって、なんだろう、って思った。
    読み聞かせがとてもしやすい本。
    娘のためにはじめて買ったストーリー絵本がこの本でよかったと思っています。
    あんまりたくさん読んであげたので、娘は結構諳んじてます。

  • ちょっと感傷的だけど、めずらしく素直に受け取れる。

全13件中 1 - 10件を表示

デイヴィッド・ルーカスの作品

ツイートする