ドーナツだいこうしん

制作 : Rebecca Bond  さくま ゆみこ 
  • 偕成社 (2009年1月発売)
3.41
  • (3)
  • (7)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :70
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032027105

作品紹介

すべてはドーナツからはじまった。いとでつるしたビリーのドーナツ。4、5歳から。

ドーナツだいこうしんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マザーグースの詩のように、さらりと展開して終了する話。子どものくいつきはイマイチ

  • 大騒ぎ、ぞろぞろついてくる系の絵本で、子どもが好きそう。
    少し絵が細かいけど、展開がわかりやすくて読み聞かせによさそう。

  • 全ての始まりは、男の子の持っているドーナツです。そのドーナツを食べたくて、その後をにわとりが一匹ついていきます。そして、その後を猫が一匹そろ~りとついていき…。一つのドーナツからにぎやかな大行進へ!!その結末とは!?

  • (2014-11-08)

  • 主人公がドーナツにするちょっとしたイタズラで、街中の人も動物も一列に並んで大行進!

    外国ならではの発想で、クスクスと笑ってしまう愉快なお話です。

  • 5歳児に読み聞かせ。このての行列がどんどん出来る本は、子ども受けが良いですね。ただちょっと薄い印象だったのか、それほど食いつきは良くなかった。

  • 糸でつるした美味しいドーナッツ。

  • 糸でドーナツつるして歩いてく男の子につられて
    いろんなひとの行列ができる話

    糸でつるすってのがよくわからない

  • 2011/05/17 2-1

  • 男の子のズボンにくくりつけられたドーナッツ
    そのドーナッツが欲しくて、鶏が追いかけます。
    そして次々に動物が…。
    いつのまにか、人も…。パレードの出来上がり!

全12件中 1 - 10件を表示

レベッカ・ボンドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
長谷川 義史
長谷川 義史
トミー=アンゲラ...
モーリス・センダ...
酒井 駒子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする