1,2,3どうぶつえんへ (文字と数のほん)

  • 偕成社
3.65
  • (20)
  • (10)
  • (26)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 217
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032030105

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵はやはりいい。お話があった方がもっと楽しめたかな。
    2歳1ヶ月。

  • 数を数えるのが楽しくなってきた息子が、一生懸命動物たちを数えてくれます

  • 1歳9,10か月

    数を見るのにいいかなと思ったが、数回みただけで、あとは見ようとすると手ではらいのけた。
    絵を見るだけだと面白くないのかな。
    色々な動物が出てくるが、それと一緒に毎回ネズミが出てくるのが気になっていた。

  • これを作るのに、どのくらいの労力が必要だったのだろうと考えると、絵本はやはり侮れない。

  • 1匹ぞう、2匹かば、3匹キリン、4引きライオン、5匹くま、6引きワニ、7匹アシカ、8匹サル、9匹へび、10羽鳥、汽車で動物園へ、下の方に汽車の全体像が、最後には空っぽ、字のない絵本

  • 数をかぞえはじめた時に買った本
    「はらぺこあおむし」からエリックカールのファンに。
    絵がとにかく好き。

  • こどもが、数を数えるファーストステップには無理ない設定。
    動物も楽しい

  • すごい独特の絵ね!

  • 文字のない数を覚えられる絵本
    色鮮やかで数が増えるごとに同じ色味でも何種類もあることがわかる

  • 長女:2歳9ヶ月。
    数の絵本。
    文章はない。
    長女にはうけなかった。

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

エリック・カール(Eric Carle) 
1929年、アメリカのニューヨーク州生まれの絵本作家。西ドイツで育ち、シュトゥットガルト造形美術大学で学んだ。1952年にアメリカに戻り、グラフィックデザイナーとして活躍後、1968年『1、2、3どうぶつえんへ』を発表し、ボローニャ国際児童図書展グラフィック大賞を受賞。
1969年『はらぺこあおむし』でアメリカ・グラフィックアート協会賞を受賞、60ヶ国語に翻訳され、全世界で累計3000万部超の一大ベストセラーとなった。

エリック・カールの作品

1,2,3どうぶつえんへ (文字と数のほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする