しばてん (田島征三)

著者 :
  • 偕成社
3.96
  • (7)
  • (8)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032040500

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人は、かってなもんだわ…

  • 山口県立図書館のHPで知り、図書館で借りた。

    「こいつは、しばてんの うまれかわりや ないやろか。」
    たろうが ないたのは、うまの とめきちを みたときだけ。
    しりっぺたには、ひづめの かたちの あざがあり、すもうが すきで つよい。
    (土佐の話。この絵本の母体・手刷り絵本『しばてん』は、作者が1962年に自費出版したそうだ。)

    表紙・裏表紙をみて、「なんじゃこりゃ」とつぶやいてしまった。
    古事記しかり遠野物語しかり、異質なものは物語のなかで妖怪などにされてしまう。
    道徳的だと思うけれど、作者の「あとがき」が良かった。
    こういう気持ちは、言葉にするととたんにうそくさくなってしまうから、心にとどめておきます。
    絵はダイナミックです。
    た「し」ませいぞう、さんです。

  • 5分くらい。

  • 面白くて楽しくて煌びやかな世界だけが絵本の世界じゃない。
    重くて深くて悲しくて…そんな世界だって、ある。
    この重さや深さを、少しでも子供にも感じて欲しいなぁ。
    本当に大切にしたい作品です。

  • 田島征三著・絵、絵本「しばてん」を読む:
    「読書の森」から、「絵の中のぼくの村」という本を、拝借してきた時に、絵本も、一冊、併せて、読むことにした。土佐の民話に出てくる相撲好きの「物の怪」である「しばてん」の生まれ変わりであると信じられていた太朗という子供の物語で、飢饉に苦しむ村の民のために、長者の屋敷に、打ち壊しに入り、その力強さを存分に発揮して、村人に、米を分け与えて、飢えから救ったにもかかわらず、結局、取り締まりの役人に、村人の告発によって、捕縛されてしまうという何とも、民衆の持つ無責任さと太朗という差別され続けてきた人間の無垢の善意が、対比的に、描かれていて、子供と云うよりも、大人に成長した後の子供にこそ、読まれて然るべき絵本かも知れない。著者の田島征三は、「絵の中のぼくの村」という本の一節で、少年期に、過ごした土地である土佐の民話をベースにしているものの、実は、被差別部落出身であろうと思われる「センジ」という転校生のことを、念頭に置きながら、描いたと、述べているが、家に、遊びに来たこの数少ない友達に対して、大人の世界の「ある理由」から、家に、挙げられず、結局、やがて、センジは、どこかへ、行方知れずに、再び、転校して行ってしまったらしい。その時に、自らの内面に感じた心の傷は、ゆっくりと、癒えてゆくけれど、その時に、負わせた傷は、いつまでも癒えることなく、その傷口からは、真っ赤な血が、今でも、流れ続けているに違いないと、、、、、どんなに、長い時間が経過しようとも、忘れ去ることが出来ないと、、、、、、。
    大人には、時々、子供と一緒に、絵本を読み返してみることは、大切なことかもしれない。子供に読み聞かせると云うよりも、自分自身に、問いかける必要があろうかと、そんなことを感じる絵本である。

  • しばてんという妖怪に似た、捨て子・たろう。村人たちで育ててきたが、しばてんに似ているということで、山に追い立てられてしまう。
    数年後、山から下りてきたたろうは飢饉に陥った村を知る。
    たろうは食物を蓄えて門番を立てている長者の蔵を、その怪力で開放、村人たちから感謝される。
    その後、騒ぎを聞きつけた役人が来て犯人が誰か問いただす。村人は目配せして、言った。「たろうだ」しばてんなら帰ってくるだろう、と。
    たろうは引っ立てられたまま、帰ってこない。村人は…。


    人は異端と接したとき、どうするのか。迫力ある絵とともにずしんと来ます。良い絵本でした。

  • ★★★★★
    主人公は村人なんだろうなあと思う。
    人のずるさ・弱さ・流されやすさ・向かい合えない後悔とか。
    (まっきー)

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • 力強い絵と豪快なリズム感
    幼児に遠慮、容赦のないストーリー
    怖がるかと思われた3歳児もインパクトが
    勝ったようで意外に気に入っていた

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1940年、大阪府に生まれ、高知県で幼少期を過ごす。伊豆半島に住み、絵本を作りながら、新潟県十日町市に「絵本と木の実の美術館」を、香川県大島に「青空水族館」をプロデュース。『ちからたろう』(ポプラ社)でブラティスラヴァ世界絵本原画展金のりんご賞、『ふきまんぶく』(偕成社)で講談社出版文化賞絵本賞、 『とべバッタ』(偕成社)で絵本にっぽん賞・小学館絵画賞など、受賞多数。絵本に『くさむら』(偕成社)『ガオ』(福音館書店)、エッセイ集に『絵の中のぼくの村』(くもん出版)などがある。2018年国際アンデルセン賞候補。

「2018年 『わたしの森に』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田島征三の作品

ツイートする