ちびっこちびおに (日本の絵本)

  • 偕成社
3.76
  • (8)
  • (18)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 176
感想 : 20
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032042009

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • £1

  • おに。

  • 鮮やかだがやわらかい色が良い。表紙の絵が内容を表している感じも良い。

  • あまんきみこ 若山憲

  • それぞれの優しさがじんわり伝わる内容

  • 平和な話です

  • やさしいおはなし。色使いがきれい。

  • 節分前によみたい

  • 山に住んでいる子鬼が山の麓へ遊びに行きたいと言うけれど、鬼のお母さんは人間に見つかったら大変だと許してくれない。
    それでも遊びに行きたいと言うと、セーターを着て、帽子を被って、ブーツを履かせてくれる。
    絶対に脱いではいけなよ、と言って。
    子鬼は幼稚園に行くと、ちょうど外で遊んでいた園児たちに混じって一緒に遊ぶ。
    建物の中に入る時間が来たので子鬼も一緒に入る。
    子供たちはみんな帽子を脱いでいるのに子鬼だけは脱いでいないので目立ってしまう。
    そんなとき、外の池に落ちた子供がいてびしょ濡れで泣いていた。
    子鬼は走って外に行き、その子供にセーターと帽子とブーツを着せる。
    せっかく隠していた角が見つかってしまった。
    幼稚園の先生にも見つかるけれど、先生は子鬼がみんなと遊びたいと言うと、みんなと一緒に遊ばせてくれる。
    子鬼が帰る時間になった。
    鬼は裸が一番だから、とびしょ濡れになった子に服をあげたままにする。
    節分のころは豆まきをしているからその時期以外にまた遊びに来てね、と言われて子鬼は山の家に帰るのだった。
    子鬼のお母さんが裸の子鬼を見たらどう思うかな。

    かわいい。
    自分が鬼だということがばれてしまうかもということにお全く気にせず、濡れた子供を助ける子鬼はいい鬼。
    節分をちゃんと教えてあげる子供たちも親切。

    絵もかわいい。
    わかやまけんさんの絵、こんな絵もあったのか。

  • 2013.2.27 1-1

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1931年生まれ。児童文学作家。1968年にデビュー作品集『車のいろは空のいろ』が日本児童文学者協会新人賞および野間児童文芸推奨作品賞を受賞。以降、いくつもの文学賞を受け、多くの作品が小学国語の教科書に掲載されている。2001年に紫綬褒章受章。京都在住。

「2023年 『不思議の国の猫たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あまんきみこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷川 俊太郎
中村 牧江
モーリス・センダ...
なかの ひろたか
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×