おばけのいちにち

著者 :
  • 偕成社
3.67
  • (12)
  • (11)
  • (29)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 128
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032044607

作品紹介・あらすじ

おばけはあかるいあいだなにをしているでしょうか?だれもしらないひるまのおばけのことを長先生がおしえてくれます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 27年度(1-2)
    3分

  • 2歳4ヶ月

  • 2014年9月2日

  • 何度も読んでくれとせがまれた本。

  • 図書館で違う絵本を探していたのだけれど、長新太さん作とのことで、目に留まった

    タイトル通りの、知られざる、おばけの一日の絵本
    おばけが意外と普通の生活をしていて笑える
    読者の想像に委ねる部分もある
    私自身もそうだったけれど、子どもの頃は、おばけに関心があるものの、おばけがこわかった
    だからこそ、今でも、かわいいおばけの絵本や童話を読みたいと思ってしまうのかも

  • おばけは昼間も活動してるんだ。
    おばけのおしゃべりは楽しい。粘っこい?水っぽい。

  • はぶらしがー
    すごいユニーク。

    文もすごいユニーク。読者に丸投げなとこ、ツボった!!!

  • 終わりにしようとしたら、袋からのぞいていたこの本を前の子供が見つけて、もう一冊読みました。
    長さんにしては、まともな?ストーリーのある話です。
    タイトル通りおばけの一日。

    おばけの一日が終わって夜になって、おやすみなさい。ではなくて、白い花が咲きました。ってこれがいいですね~ 長さんらしいです。

    平成24年6月5日(火) 2年生

  • いまいちないちにち・・・

  • おばけの日常とは面白い!おばけのパンツにはやられたよ。

全23件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1927 年、東京に生まれる。漫画、絵本、イラストレーション、エッセイなどさまざまな分野で活躍する。絵本に、『おしゃべりなたまごやき』( 文芸春秋漫画賞)、『ぞうのたまごのたまごやき』( 小学館絵画賞)、『はるですよふくろうおばさん』( 講談社出版文化賞絵本賞・講談社)、『さかさまライオン』( 絵本にっぽん賞)、『ゴムあたまポンたろう』( 日本絵本賞・以上童心社)、『キャベツくん』( 絵本にっぽん大賞・文研出版)、『ぼくはイスです』(亜紀書房)など多数。巌谷小波文芸賞受賞。路傍の石幼少年文学賞受賞。2005 年没。

長新太の作品

ツイートする