月のみはりばん

  • 偕成社
3.89
  • (11)
  • (13)
  • (12)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 104
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032048407

作品紹介・あらすじ

おひさまは、そろそろうちへかえろうとしています。きょうはまんまるのお月さまをそらにうかべなければなりません。月のみはりばんたちは、これからそのしたくにおおいそがしです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2010/10/20

  • 28年度(5-3)
    3分

  • 日ごとに姿を変えるおつきさまの舞台裏です。
    カレンダーに従って毎日の体重をチェックし、ごはんの量を厳しく増減。満月の晩には、おつきさまをお風呂に入れてピカピカに磨き上げ、「笑顔を忘れずにね。」と送り出すつきのみはりばんたち。ごくろうさまです。
    それにしても、満月の後には素直にダイエットに励むおつきさまのいじらしいこと!

  • おつきさまの満ち欠けを見張っている、月のみはりばんたち。

    どうやって満ちて、どうやって欠けていくのかな?

    まんまる、ごうかく!
    ピカピカ、ごうかく!

    今夜はみんながお月さまを見る特別な夜。
    みはりばんたちは大忙しなのです。

    読んでしばらく、空を見ては「みはりばん、ねてるのかな?」「お月さま、ごうかくかな?」とつぶやいていた我が子でした。

  • まんまるになったり、やせたりするお月さまの秘密がわかる絵本です。さらに、お月さまがどうやって空に浮かんでいるかもわかります!月のみはりばんのがんばりを応援しましょう。

  • 月のみちかけをおもしろく紹介した絵本。
    月のみはりばんがいて、月のみちかけをコントロールしている・・・満月までは食べさせられ、それから先はダイエット。一日たりとも同じ体重ではいけない月も大変ね。

  • 2014/06/03 1-1

  • 沢山食べて 丸々太った 満月おつきさま。でも 欠けるときは 厳しいダイエットが 待っている!!

  • 月の見張り番の仕事は決まった形のお月さまを空に上げること。
    今日の月は満月。
    お日さまがが家へ帰るころお月さまを起こして、満月にちょっと足りないお月さまを太らせるために卵をたくさん食べさせる。
    そして、きれいに磨いて空へと発射。
    夜も明けて帰ってきたお月さま。
    明日は満月よりも少し細いので痩せなければならない。
    卵は少しだけ。
    仕事も一段落し、おやすみなさい。

    月の見張り番の仕事も大変。
    お月さまに卵を食べさせて太らせる発想が面白い。
    毎日増量と減量を繰り返すお月さま。

  • 月のみはりばんは夕方になると大忙し。月を起こして、大きさを計って大好きな目玉焼きを食べさせて…

全20件中 1 - 10件を表示

プロフィール

石川県金沢市生まれ。金沢美術工芸大学卒業。作品に『月のみはりばん』(偕成社)、「しんくんとのんちゃん」シリーズ(アリス館)、「ハリネズミのくるりん」シリーズ(文溪堂)、『さいたさいた』(金の星社)、『くまさんアイス』(アリス館)など。

とりごえまりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
酒井 駒子
A.トルストイ
にしまき かやこ
なかがわ りえこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする