からすのやおやさん (かこさとしおはなしのほん)

著者 :
  • 偕成社
3.76
  • (25)
  • (45)
  • (40)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 618
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032062205

作品紹介・あらすじ

ロングセラー絵本『からすのパンやさん』のつづきのお話。リンゴさんは友だちのやおやさんで、素敵なアイデアを思いつきます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 続編ということで、懐かしく感じ、からすの子どもたちも自分も一緒に成長したようなしみじみとした気持ちになった。
    あとがきを読んで、改めてこめられたメッセージの深さを知った。工夫することの大切さは、今でも考える。絵本から教えられることは子どもの頃だけでなく、読み返した今もなお沢山あるなぁと思う。

  • 『からすのぱんやさん』待望の続編、楽しみにしていました。

    4羽の子ども達が成長してそれぞれお店を開くのですが、
    今回購入した『からすのやおやさん』はリンゴさんが主人公。

    しっかり者でよく働くリンゴさんが考えたアイディアはとてもかわいかったです。
    これからも八百屋さんの繁盛は間違いなしでしょうね。


    『からすのおかしやさん』
    『からすのてんぷらやさん』『からすのそばやさん』(5月中旬発売予定)も欲しくなりました。

  • からすシリーズ。商売について学べる絵本。

  • 私もあのにこにこやさいがたべたくなりました。

  • 我が子が読んだのはシリーズ3作目です。
    今回はリンゴさんが主人公のお話。

    息子は再読してからリンゴさんの工夫
    (「ひとつで3円」「みっつで7円」) 
    (かわいいかおをかいていきました)や
    言葉遊びがおもしろくなってきたようです。

    リンゴさんは商売を繁盛させ
    友達のいとこと結ばれるという
    古きよき幸せな価値観です。
    シンちゃん(♂)の影が薄いのは別にいいですけど
    サヤおばさんがリンゴさんの器量のよさ
    を気に入ってお嫁さんになってほしいと言い
    周囲や家族も賛成したからって
    (リンゴさんはうれしかったのだと思いますが)
    女性(♀)には主体性がないものだとみなしているのか
    きっと悪気はないけど
    感覚はちょっと古いかなと感じます。

  • 自宅の本棚

  • 5歳4ヶ月の息子。
    パン屋さんに出てきた4色の子ども達の再登場を喜んでいました!
    「なんでも1えん」のようなポップがたくさん並んでいたり、お店の看板がよく見るとちょこちょこ変わっていたりしている点も良かったようです。気づいて嬉しそうにしていました。
    勉強になったかはよくわかりませんが、楽しんで読めたようです
    https://www.ehonlog.com/books/157

  • 30年度  2-3

  • まさかあのからすの子どもたちか大人になっているとは…

  • (2017年10月)
    3年くらい前に購入してたもの。

    久々に出してきて読み。
    やっぱり食べ物の話は鉄板なのだった。

    (2018年3月)
    出して来て読み。
    他の3作品に比べると食いつきが今一つなのは、作る(料理する)工程のワクワク感がないからかもしれぬ。

    (2018年4月)
    7歳児Fが読んで、というので読み。
    「森林野菜のみせ」の森も林も学校でならったね、と話した。

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

加古里子(かこ さとし、1926年3月31日 - 2018年5月2日)
福井県越前市(旧・武生市)生まれ。8歳から東京都板橋区で育つ。成蹊高等学校(旧制)を経て東京大学工学部応用化学科卒業後、昭和電工の研究所に勤める。工学博士、技術士の資格を取得。勤務のかたわら困難を抱えた人々に寄り添うセツルメント活動、児童向け人形劇、紙芝居などの活動に従事。自作の紙芝居が福音館書店の松居直の目に留まり、59年に絵本『だむのおじさんたち』でデビュー。
1973年に会社を退職後、ニュースキャスター、大学講師、海外での教育実践活動に励みながら、物語絵本、知識絵本、童話、紙芝居など非常に多くの作品を記した。特に自然科学の専門知識を活かした「科学絵本」の開拓者・先駆者となる。2008年菊池寛賞、2009年『伝承遊び考』で日本児童文学学会特別賞をそれぞれ受賞。
50代で緑内障を患って以来左目はほとんど見えず、近年は持病の腰痛もあって車椅子生活が続いたが、創作意欲は全く衰えず、1月には「だるまちゃん」シリーズの新作を刊行。亡くなる前日まで、届いたファンレターの読み上げを聞いていたという。

かこさとしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
tupera t...
ショーン・タン
ヘレン・バンナー...
ヨシタケ シンス...
A.トルストイ
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

からすのやおやさん (かこさとしおはなしのほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×