どろぼうがっこう だいうんどうかい (かこさとしおはなしのほん)

著者 :
制作 : かこ さとし 
  • 偕成社
3.40
  • (4)
  • (16)
  • (22)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 180
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032062601

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ぼくの学校のうんどう会とちがって、へんてこで楽しそうです。

  • >ロングセラー『どろぼうがっこう』のつづきのお話。
    愉快な競技やあきす音頭と、楽しい大運動会でしたが、とつぜん邪魔が入って……。

    「ドルばこリレー」「ニセさつわたし」「あきすおんど」などユニークな競技名が楽しい。
    やっぱりどろぼうがっこうですね。

    でも、昼休み中に泥棒!
    捕まったアレ・カッポレくんに優しい言葉をかけて改心させるくまさかせんせいはさすが。

    どろぼうがっこうシリーズは『どろぼうがっこう』が一番好きだけど楽しかったです。

  • 図書館で借り。

    どろぼうがっこうのくせに、競技中にアレ・カッポレ(=アル・カポネか)さんに泥棒に入られるという。

    明日運動会の5歳児は、わたしもリレーやるよ!などとお話しながらきいてくれた。

  • からすのパン屋ののりですね。
    ただどろぼうには愛着がわかず、もう少しどろぼうらしさを出してほしかった。

  • それまでの2作に比べると、今作は『自分に合わなかったかなぁ』、って感じでした。

  • 2015/9/8 4ー1

  • なつかしい「どろぼうがっこう」の40年ぶりの新刊。
    どろぼうなんて、教育上よろしくない!なんて考えも吹き飛ばす。
    子どもは、悪いことや、汚いことが、いつの時代も好きですね。

  • お嬢さんが是非に欲しいということで買ったんだけど、そもそも40年ぶりの続編とか…
    前作読んだことありませんが…
    ありませんが、楽しい作品でした。

    ただ、余りリピートしてくれないので、これって図書館で借りて読んでも良かったんじゃないかと思いますよ…(;_;)

  • 『どろぼうがっこう』続編1/2。

    “かこ氏絵”、“かこ氏顔”・・・と言ってしまえばそれまでだけれど、
    前作のような濃ゆいどろぼう達の顔があっさりしてて残念無念(笑)。

    運動会の各競技はなかなか練られてて愉快。
    てか、午後の競技もできたと思うけどな(笑)。

  • どろぼうがっこうシリーズの新作(!)今度は運動会が舞台です。
    どろぼうがっこうならではのユニークな競技の数々はどれもツッコミを入れたくなるものばかり。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

加古里子(かこ さとし、1926年3月31日 - 2018年5月2日)
福井県越前市(旧・武生市)生まれ。8歳から東京都板橋区で育つ。成蹊高等学校(旧制)を経て東京大学工学部応用化学科卒業後、昭和電工の研究所に勤める。工学博士、技術士の資格を取得。勤務のかたわら困難を抱えた人々に寄り添うセツルメント活動、児童向け人形劇、紙芝居などの活動に従事自作の紙芝居が福音館書店の松居直の目に留まり、59年に絵本『だむのおじさんたち』でデビュー。
1973年に会社を退職後、ニュースキャスター、大学講師、海外での教育実践活動に励みながら、物語絵本、知識絵本、童話、紙芝居など非常に多くの作品を記した。特に自然科学の専門知識を活かした「科学絵本」の開拓者・先駆者となる。2008年菊池寛賞、2009年『伝承遊び考』で日本児童文学学会特別賞をそれぞれ受賞。
50代で緑内障を患って以来左目はほとんど見えず、近年は持病の腰痛もあって車椅子生活が続いたが、創作意欲は全く衰えず、1月には「だるまちゃん」シリーズの新作を刊行。亡くなる前日まで、届いたファンレターの読み上げを聞いていたという。

かこさとしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョン・クラッセ...
酒井 駒子
トミー=アンゲラ...
tupera t...
ヨシタケ シンス...
岡田 よしたか
有効な右矢印 無効な右矢印

どろぼうがっこう だいうんどうかい (かこさとしおはなしのほん)に関連するまとめ

どろぼうがっこう だいうんどうかい (かこさとしおはなしのほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする