まんまるおつきさん

著者 :
制作 : さいとう しのぶ 
  • 偕成社
3.39
  • (2)
  • (6)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032154108

作品紹介・あらすじ

まんまるおつきさんって、きいろくて、まるくておいしそう…。つぎつぎに大好きな食べ物に見えてくるからふしぎです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・図書館にて
    ・2歳0ヶ月時
    ・1〜2歳前後にちょうどいい。シンプルなてんどん。

  • せんべいやもちなど、おつきさまを食べ物に見立てて。食べられるのは3歳くらいからかな。

    C8793

  • 絵がほっこり。サイズが程よいので、6ヶ月に娘でも手に取りやすい。丸いものが何でも食べ物に見えちゃうなんて可愛い。

  • まんまるおつきさんは黄色くておいしそう。
    色々な食べ物に見えてくる男の子と猫。
    おせんべい、メロンパン、目玉焼き、焼き餅、お好み焼きのソースマヨネーズ掛けに見えてくる。
    おいしそうなおつきさんを食べたら僕のお腹もぱんぱんでおつきさんのように。

    おいしいおつきさん。
    お月様で出来た食べ物はふわふわしていそうなイメージ。
    おいしそう…。

  • 今年は、少し早い、中秋の名月。
    季節の行事を大事にしてほしい。
    こんやは、ぜひ、お月様を見てほしいと
    この本を読みました。

    年少たんぽぽさんは、

    まんまるおつきさまが、
    メロンパンに見えたり
    おせんべいにみえたり、
    目玉焼きにみえたり。。

    とっても、楽しそうに想像していました。

  • 2-3歳の子供にオススメ。読み聞かせの本にとって、コンパクトで短いというのは重要。そして楽しい。

  • おいしそ〜。
    たのしー。
    おおらかな、まんまるおつきさんへのイメージが、気もちいいです。
    なんだか、ちょこっと元気がもらえます。

    さいとうしのぶさんの描くトラネコちゃんの表情が、なんとも……いいです。

  • お好み焼きまで出てくるとは笑。

  • まんまるおつきさんがいろんな食べ物に変わっていく楽しいお話です。
    おせんべ・メロンパン・目玉焼きと変わるおつきさん。
    網などの道具を使って家の窓から味見をする男の子とねこ。
    窓からしていた味見が、屋根の上での味見になり、最後は星に乗って味見を始めます。
    食欲の秋って感じです。

  • 図書館で借りてきた本。絵本の好き嫌いが激しい息子が気に入ったようです。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。詩人。詩集『ふ』によりH氏賞受賞。小説『高円寺純情商店街』で直木賞受賞。絵本に『ぎゅうぎゅうかぞく』『うがいライオン』(以上、鈴木出版)、『ぼくのおばあちゃんはキックボクサー』(山村浩二/絵 くもん出版)など多数。

「2018年 『ぼくのどうぶつえん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ねじめ正一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
かがくい ひろし
三浦 太郎
A.トルストイ
エリック カール
馬場 のぼる
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする