ノンタンぶらんこのせて (ノンタン あそぼうよ1)

制作 : キヨノ サチコ 
  • 偕成社
3.94
  • (114)
  • (83)
  • (126)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 1056
レビュー : 124
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032170108

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私が子どもの時に大好きだった絵本です。
    娘も気に入ってくれて、よく読んでいます。

    「1,2,3,4,5,6,7,8,9,10

     おまけのおまけのきしゃぽっぽ ぽーっとなったらかわりましょ」

    というフレーズが耳に残って、ブランコを代わるときはもちろん、お風呂から上がる前にも使えます。

    みんなで順番に遊ぶことが、自然に学べると思います。

  • 私自身が小さい頃に何度も読んだ本。息子も保育園で読んでもらったらしく、10まで数を数えたあと「おまけのおまけの・・・」と呟くように!「つーくん、つーくん、ぶらんこのせて〜」と言うと「だーめーよ。○▽■※・・・もん」と返してくれるようにもなりました!。[2006.1]

    その後、娘もお気に入りとなりました。特に、数を数えるシーンが好きな様子。「読んでほしい」と持ってくることの多い1冊です。[2008.1]

  • 娘はこの本を読んで、順番や数を数えることを覚えました。「おまけのおまけの汽車ぽっぽ……」は、お風呂上りにもよく使います。

  • 『1〜2〜3〜4〜5〜6〜7〜8〜9〜10!おまけのおまけの汽車ぽっぽー、ぽーっと鳴ったらかわりましょ、ぽっぽ♪』
    これってノンタンだったんだ!(´・ω・`)びっくりです。小さい頃いつの間にか覚えていて使っていました。受け継がれてく遊び歌ですよね。

  • 保育園に通い始めてから、譲り合うことを覚えた孫。仲良く遊ぶにはどうしたらいいか、子どもなりに考えるようになる・・・社交性の芽生えですね。

  • しつけや社会的ルールを身につけさせる絵本。ぶらんこの順番を変わりたくないノンタンの言い訳に注目してみてください。本当に子どもが言いそうな内容で、楽しさが感じられます。

  • 子供ってなかなか順番を譲れないもの…
    それでもこの本で友達に順番を譲ることを学べます。

  • ぶらんこの内容が一番すきだった。ノンタンのわがままぶりが今ではかわいいと思える。

  • 子ども心を刺激してるみたいです。

  • わがままであること。

全124件中 91 - 100件を表示

キヨノ・サチコの作品

ツイートする