さかなださかなだ

著者 :
  • 偕成社
3.31
  • (2)
  • (7)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 59
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032211603

作品紹介・あらすじ

「まいどあり!」ととどけられた、おおきなさかな。さかなだ!おおきいね!こわいよー!はがあるよ!おこってる?おいしいよ!さあ、どうやってたべる?3歳から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一、二度読むには「どうなるんだろう?」という感じで面白いし、絵も好きなタッチではあるし子供たち一人一人に吹き出しがついているところなどが楽しいけれど、魚の美味しそう感があまり伝わってこないのと、何度も繰り返し読みたくなるほどの味わいのある作品でもないかなと思いました。

  • 2011年度  幼稚園年少

  • 7歳楽しかったです

  • 「りんごの木」という保育施設での実話がもととなったお話。
    大きな魚が施設にやってきて・・・
    よく観察をしたり、さわったり。
    焼いて食べたり絵を描いて飾ったり。
    一匹の魚からいろんな活動・体験・経験が生まれます。

    魚の絵が素敵。
    こんなことがあったら本当に子どもは大喜びだろうな~♪と顔がほころんでしまいます。
    はしゃぎまくる子や怖がる子。実際にそうだったんだろうな~と思わされる子どもの細かな発言も載せられていて、臨場感があります。

  • 大きな魚がちょっとこわい。でもこどもたちは楽しそう。

  • 保育園?に届けられた大きな魚。
    先生とこども達の魚を調理する様子が楽しそうに描かれています。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール



「2016年 『まんまん ぱっ!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長野ヒデ子の作品

ツイートする