いそげ! きゅうきゅうしゃ

著者 :
制作 : 鈴木 まもる 
  • 偕成社
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032213409

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・図書館で借りた

  • ケガ人、急病人を病院まで搬送する救急車のお話。

    途中からドクターヘリ登場。
    救急車だけでは、話の広がりが少ないかな。

  • えるふにて。息子2歳3ヶ月。
    息子が自分で選んだ一冊。

    救急車は2回出動。
    まずは怪我をしたお兄さんを救護し、町の外科クリニックへ。
    ほっとしたのもつかの間、消防署に戻るとすぐに次の通報が入り、今度は急病のおじいさんのもとへ。
    2回目の出動ではドクターヘリも登場します。

    2歳の息子は興味津々で見入っていました。
    怪我をしたお兄さんや、急病のおじいさんを指さし、何度も「ん! ん!」。只事ではないのがわかったようです。
    救急車が街を駆け抜ける場面では、すれちがうバスやごみ収集車の姿に大興奮。

    母としては、背景に描かれた昔ながらの街並みがとてもよかったです。商店街だったり、丘の上の民家だったり。救急隊員たちの表情も凛々しく、頼もしいです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1957年、福岡県生まれ。作家。おもな作品に『ちいさなおはなしやさんのおはなし』(小峰書店)、「クッキーのおうさま」シリーズ(あかね書房)、「おてつだいねこ」シリーズ(金の星社)など。画家の鈴木まもるさんとの共作絵本に、『せんろはつづく』『おすしのせかいりょこう』『すすめ! きゅうじょたい』(金の星社)、『ちいさいいすのはなし』『りんごのおじさん』(ハッピーオウル社)、『ならんでるならんでる』『でんしゃがきた』(偕成社)などがある。『月売りの話』で「日本童話会賞」、『星とトランペット』で「野間児童文芸推奨作品賞」、「黒ねこサンゴロウ」シリーズで「路傍の石幼少年文学賞」を受賞。

「2016年 『すすめ! うみの きゅうじょたい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹下文子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
tupera t...
なかの ひろたか
イザベル・シムレ...
馬場 のぼる
シェリー・ダスキ...
かがくい ひろし
A.トルストイ
ヨシタケ シンス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする