わっはっは

著者 :
  • 偕成社
4.17
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032276107

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 疲れているときもパワーをもらいます。
    娘(1歳3ヶ月)がどはまりし、読みながらあははと自分も笑っています。

  • 娘3歳2ヶ月、息子5ヶ月時図書館にて借り

    息子のために、と娘が。
    一緒に大笑い

  • 花や湯呑みなど、無機質なものが表情豊かに「わっはっは」と笑う

    <5ヶ月半>
    表紙を見せたらにっこり満面の笑み
    即行で借りてみたが、表紙以外には無反応
    表紙は何度見せてもにこにこ

  • とにかくいろんなモノが『わっはっは!』と笑いまくってる本です。生き物、食べ物問わずみーんな『わっはっは!』と豪快に笑っている様子がとっても楽しい!

    そのものになりきって、大きく笑ったり、ちいさく笑ったり・・・『じゃあ、コレはどんな風に笑うかな?』とやり取りも出来て、一緒に楽しめます!

  • 疲れてしょうがなくて早く終わらせたいときの読み聞かせに最適!地文まったくなし。「キャベツってどんな声で笑うと思う?」と子どもに尋ねるなど、会話も広がる異色作。

  • すごい迫力。

  • 哇哈哈

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1940年、大阪府に生まれ、高知県で幼少期を過ごす。伊豆半島に住み、絵本を作りながら、新潟県十日町市に「絵本と木の実の美術館」を、香川県大島に「青空水族館」をプロデュース。『ちからたろう』(ポプラ社)でブラティスラヴァ世界絵本原画展金のりんご賞、『ふきまんぶく』(偕成社)で講談社出版文化賞絵本賞、 『とべバッタ』(偕成社)で絵本にっぽん賞・小学館絵画賞など、受賞多数。絵本に『くさむら』(偕成社)『ガオ』(福音館書店)、エッセイ集に『絵の中のぼくの村』(くもん出版)などがある。2018年国際アンデルセン賞候補。

「2018年 『わたしの森に』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田島征三の作品

ツイートする