きりかぶのともだち

著者 :
  • 偕成社
3.31
  • (1)
  • (4)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032277401

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [墨田区図書館]

    骨休みに借りてきた絵本。あっという間に読んだのはいいとして、、、やはりかわいい本はあっという間に見つけるわけね(笑)

    最後までタンポポさんがこにくらしいキャラのまま終わったけれど、流石に小3になって読むとさらりすぎるかなー?「そらまめくんのベッド」を書いた人なんだね。

  • 切り株の隣にはたんぽぽが咲いていた。
    切り株は仲良くしようと話し掛けるが、たんぽぽは憎まれ口を叩いてばかり。
    切り株はだんだんたんぽぽが嫌になっていったけれど、2人とも動けないので毎日顔を合わせていた。
    時間が経ち、たんぽぽはしおれて茎が倒れてしまった。
    元気のなくなったたんぽぽを心配する切り株。
    しかし、たんぽぽは真白の綿毛になるとまた元気一杯になって、心配した切り株をばかにしていた。
    こんなんなら心配するんじゃなかったと思う切り株。
    ところが、風が吹いてたんぽぽの綿毛はみんな飛んで行ってしまう。
    その時になって切り株はけんかばかりしていても話相手はたんぽぽしかいかなったことに気が付く。
    夏になり、秋になり、切り株は1人寂しく生きていた。
    冬になり雪に埋もれる切り株。
    そして、いつまで寝ているのかという声が聞こえた。
    気が付くと春になっていて、たんぽぽが友達をたくさん連れて戻ってきていたのだった。

    けんかしてもかけがえのない友達。
    いつもいる友達がいなくなって初めてその大切さに気が付く。

  • 口がわるいたんぽぽのつんでれぶりがかわいいです。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • いなくなると、寂しいと判る。

  • チビ2号、幼稚園にて。
    せっかく、きりかぶが話しかけたのに、いじわるな、たんぽぽでかわいそうでした。

  • きりかぶのほのぼのしたところが大好きです。

  • 4/27 3-1 5分位
    1か2年でたんぽぽの様子を勉強する頃読むのも良いかも

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

なかやみわ
埼玉県生まれの絵本作家。女子美術短期大学造形科グラフィックデザイン教室卒業。企業のデザイナーを経てフリーランスになったのち、日本絵本童話美術学院に在籍し絵本作家に。
代表作『そらまめくん』シリーズ、『くれよんのくろくん』シリーズ他多数。

なかやみわの作品

ツイートする