きになるともだち (おれたち、ともだち!)

著者 : 内田麟太郎
制作 : 降矢 なな 
  • 偕成社 (2008年9月1日発売)
4.20
  • (25)
  • (17)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :211
  • レビュー :19
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032323009

きになるともだち (おれたち、ともだち!)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ほのかな恋心を淡く描いた作品

  • 27年度 (3-1)
    7分

  • 2014/11/18 3-4

  • 「(FOX&WOLF) おれたち、ともだち!」シリーズ(ともだちやシリーズ)第9弾。

  • 平成21年11月6日 2年生。

  • オオカミさんの初恋をニヤニヤあたたかく見守る仲間たちのお話。
    季節はお月見の秋。「あいつもともだち」より少し前かな。

    「あいつもともだち」「ともだちおまじない」では好き好きオーラ全開だったオオカミだけど、この時点では舞い上がっちゃって会話もろくにできない。
    浮かれたりクラクラしたり、おもいっきりごまかしなく気持ちにふりまわされるオオカミがかわいい。

    クマに妬いたりヤマネにデレデレのオオカミさんを微妙な目で見たりしていたキツネは、今回好意的。
    状況が理解できれば対処できるということか。

    舞台の背景みたいに、端のほうでちょこちょこ動いている脇役たちが楽しい。
    イタチは任侠肌でヘビは紳士。
    ヤマネは寝てるだけなのにやっぱり可愛い。

  • ねむるこだねぇ。

  • オオカミがやまねの女の子に恋をしてしまいます。

  • 3歳0ヶ月時購入。

    ともだちやのシリーズが気に入っているので、揃えてみようかなーと。
    恋についてはよく分からないみたいで、あまり反応はなかったけど、動物園でヤマネを見て
    「オオカミさんが大好きな子だー!」
    とはしゃいでた。

  • いやん、オオカミさんの恋のお話。
    ヤマネさんに初めてあったその日から、オオカミさんはなんかちょっと、いやかなり変。フラフラしたり突然踊って大声で歌い出したり。キツネはオオカミさんが心配になってきました。
    オオカミさんにとってヤマネさんは、ともだちはともだちでも、ちょっと特別なともだちのようです。
    恋のフワフワ優しい感じ、ソワソワ心許ない感じが表されていて可愛い!

全19件中 1 - 10件を表示

内田麟太郎の作品

ツイートする