たいようオルガン

著者 :
  • 偕成社
4.20
  • (73)
  • (31)
  • (35)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 397
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032323108

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いろんなところを走って、いく先々の世界がキラキラして見えて、それでいて、
    乗りたいひとはどうぞどうぞ。降りたいひとはどうぞどうぞ。またね。 っていう
    あったかーい、でっかい、
    ぞうバスみたいになりたいです。

  • 2歳前から、気に入って読んでいる。
    ストーリーを追うというより、ゾウバスを見つけたり、
    ゾウバスはしる、などの語感が気にいっているようす。

  • 芸術ーー( ´ ▽ ` )ノ

  • リズミカル。うたのような絵本。
    黄色がたくさんで眺めてるだけでしあわせになれそう。さらに荒井さんの文字になごむ。

    たいようオルガン たいよオルガン
    たいようがオルガンひいて あさがきた
    ゾウバスはしる みちせまい みちほそい

  • 色鮮やかな絵の中にひきこまれる不思議な絵本

  • たいようオルガンの中をぞうバスが走る。
    画面いっぱいに広がるカラフルな風景の中、ぞうバスが走ってあちこちへ行く。

    やっぱりこの文章が受け付けない。
    絵の中に文字で説明(小さい子がやるように、りんごの絵を描いてその近くに「りんご」という文字を書くみたいなもの)するのは好きではない。
    「たいようオルガン」というのも言いたいことは分かるのだけれど…。
    という感じで自分には合わなかった。

  • 絵本の鮮やかな色づかいが大好きです。
    文章もフォントはなく、手書きで書かれているのが温かみがあります。

    絵のなかには「とりいる」とか「びる」とか、
    たくさん説明(というか、いたずらかな?)があるのも面白いです。

  • お友達からプレゼントとして頂きました。
    とにかく絵が鮮やかできれい。
    『ゾウバス』が町を走ってゆく様子がずーっと描かれているだけなのだけど、かわいくて、不思議と癒されました。
    文も独特。ときどき出てくる「ゾウバス トンネルはいりまーす」とか一行で終わるページがすごく好き。
    絵本もらうと嬉しいね。これは飾っておきたい一冊です。

  • ゾウバスはしる
    たいようがオルガンをひく
    のりたいひとはてをあげて~

  • チビ1号、移動図書館にて

全47件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

絵本作家

「2019年 『まよなかのくしゃみたいかい(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たいようオルガンのその他の作品

たいようオルガン 大型本 たいようオルガン 荒井良二

荒井良二の作品

ツイートする