たいようオルガン

著者 :
  • 偕成社
4.20
  • (73)
  • (31)
  • (35)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 397
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032323108

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 色彩の使い方が素敵。日本人でこのセンスを持つ人はなかなかいないんじゃないかな。

  • たいようオルガンの中をぞうバスが走る。
    画面いっぱいに広がるカラフルな風景の中、ぞうバスが走ってあちこちへ行く。

    やっぱりこの文章が受け付けない。
    絵の中に文字で説明(小さい子がやるように、りんごの絵を描いてその近くに「りんご」という文字を書くみたいなもの)するのは好きではない。
    「たいようオルガン」というのも言いたいことは分かるのだけれど…。
    という感じで自分には合わなかった。

  • 「こういうさかなもいる」「いぬのんびり」
    隅から隅までじっくり読んでいたい絵本です。

  • 言葉のリズム感がとても良く、絵もファンタジックで素敵。
    何度も読み返したくなる、不思議な絵本。

  • ★図書館

著者プロフィール

絵本作家

「2019年 『まよなかのくしゃみたいかい(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たいようオルガンのその他の作品

たいようオルガン 大型本 たいようオルガン 荒井良二

荒井良二の作品

ツイートする