あさになったのでまどをあけますよ

著者 :
制作 : 荒井 良二 
  • 偕成社
4.31
  • (182)
  • (94)
  • (44)
  • (6)
  • (8)
本棚登録 : 1042
レビュー : 163
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032323801

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 荒井良二さんの絵本、どれも大好きだけど、これは「きょうはそらにまるいつき」と共に、大人におススメしたい絵本。

  • いろんな場所の窓の外。
    色がきれい、おとなでも楽しめる
    C8793
    蔵書

  • 谷川俊太郎さんの詩「朝のリレー」を思い出しました。

    …この地球で
     いつもどこかで朝がはじまっている
    (「朝のリレー」抜粋)

    見開きで絵が全面に描かれている。
    窓を開ける側の様子と、次のページにはその窓の向こう側の景色。

    変わっていく風景の中、繰り返す言葉が強い印象を残します。

    朝の、澄み切った空気のような絵本です。

  • きらきらした朝の光の下で、田舎の風景、街の景色、自然が目を覚ます。まどを開けたその瞬間、音は消え、世界の輝きだけが心に残る。そんな希望の朝を感じられる本。

  • くり返し
    単純で絵本ならではの魅力
    絵が広がっていく
    わたしのまち 晴れるといいな
    君の町も 晴れるといいな
    《窓を開け 朝の空気を 胸いっぱい》

  • 『あさになったので まどをあけますよ』 ごくありふれた朝の日常の普通のコトバと、どこにでもある景色がページごとに描いてあります。荒井さんらしい本だなと思いました。
    私は読み終えた時、なぜだか涙が溢れてきました。もしやと思い出版年を見て、あぁ、やっぱりな、と。震災後でした。

  • 図書館本。3才~。油絵?水彩画? とにかく 朝の光を感じる絵。
    風景画集とか、旅の本のイメージも した。
    図書館の返却ラックで見つけた本書。
    第5回MOE絵本屋さん大賞2012 受賞 1位 でした。

  • 色んな町並みがでてきて、
    結局は今の自分の町がすき。って改めて感じられた*

  • 色彩があふれるような景色が美しい。みんなみんな、住んでいる街が好き。わたしの窓から見える景色は、どんなんだっけ。そして、わたしの好きなところは?自分の目に見える景色すべてに大好きと言いたくなるような素敵な絵本です。

  • 荒井良二さんの絵にひきこまれました。
    子供に『早く読んで』って言われるほど ずっと見ていたい絵でした。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「絵にひきこまれました。」
      カラフルで優しい感じなのに、力強さが伝わってきます。
      この絵本と、長田弘の「空の絵本」が私のお気に入り・・・
      「絵にひきこまれました。」
      カラフルで優しい感じなのに、力強さが伝わってきます。
      この絵本と、長田弘の「空の絵本」が私のお気に入り・・・
      2013/01/28
全163件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

荒井良二(あらい・りょうじ)
1956年山形県生まれ。『たいようオルガン』でJBBY賞を、『あさになったので まどをあけますよ』で産経児童出版文化賞・大賞を、『きょうはそらにまるいつき』で日本絵本賞大賞を受賞。2005年には日本人として初めてアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞するなど国内外で高い評価を得ている

「2019年 『あの日からの或る日の絵とことば』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒井良二の作品

ツイートする