あさになったのでまどをあけますよ

著者 :
制作 : 荒井 良二 
  • 偕成社
4.31
  • (182)
  • (94)
  • (44)
  • (6)
  • (8)
本棚登録 : 1043
レビュー : 163
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032323801

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何気無い毎日の繰り返しの中で『生きる喜び』を伝えてくれる絵本。こどとだけじゃなく迷える大人の心にも響く1冊。

  • ごちゃごちゃしていそうな絵が好みでなくて避けていたのだけれど、NHKのEテレで絵本をつくる番組に出演されていたのをみて、自由な人なんだな、と何かよんでみたいと思うようになった
    このタイトルがさわやかで気になったので、図書館で借りた

    「あさになったので まどをあけますよ」と色々な場所の窓をあけて、窓から外の景色をみるおはなし

    「朝になったら窓を開けよう! さあ、今日もすてきな一日がはじまるよ!」というおはなしかと期待していたが、違った
    でも、私も、明日の朝、「あさになったので まどをあけますよ」、としてしまうだろう(笑)
    身の回りに改めて目を向けて、すばらしさを確認できそうな、見落としていた何かを見つけられそうな、おはなしだ
    色彩がとてもきれいで、心が明るくなる絵本だ

  • 好きな女の子にこの絵本をプレゼントするといいよ。

  • 13
    日本の本。絵が割とキレイな普通の絵みたい。私は好きだけどね。

  • 色鮮やかな世界。こんな風に世界が好きになれたら。

    小さい顔が窓から覗く姿がすごくかわいくてきゅんとした。

  • なんとも、のどかだね~

  • 絵本と音楽の世界『あさになったのでまどをあけますよ』朗読
    会期:2013年9月16日(月・祝)
    会場:アクトシティ浜松 音楽工房ホール
    住所:静岡県浜松市中区板屋町111-1
    http://www.actcity.jp/index.php
    時間:1回目 11:30開演(11:00開場)/2回目 13:30開演(13:00開場)
    入場料:大人2,500円、子供500円(全自由席)
    予約・お問い合わせ:tel : 053-451-1111 fax : 053-451-1123
    http://www.kaiseisha.co.jp/news/event/505-20130827.html

    偕成社のPR
    「なにげない日々の繰り返しの中に幸せがある

    新しい1日をむかえるために窓をあける子どもたち。なにげない日々の繰り返し、その中にこそある生きることの喜びを描いた絵本。
    受賞歴
    産経児童出版文化賞・大賞(2012)」

    • morino-yukakoさん
      入院のお見舞いにもらったので、お花がわりに、窓の近くに飾ってました。ほんと、心がすっとする本ですよね。
      入院のお見舞いにもらったので、お花がわりに、窓の近くに飾ってました。ほんと、心がすっとする本ですよね。
      2013/09/06
  • 多幸感が溢れている…。思わずAmazonでポチってしまいました。

  • 2分半

  • 最高にきれいなえほんでした!
    窓をあけたくなります!

全163件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

荒井良二(あらい・りょうじ)
1956年山形県生まれ。『たいようオルガン』でJBBY賞を、『あさになったので まどをあけますよ』で産経児童出版文化賞・大賞を、『きょうはそらにまるいつき』で日本絵本賞大賞を受賞。2005年には日本人として初めてアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞するなど国内外で高い評価を得ている

「2019年 『あの日からの或る日の絵とことば』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒井良二の作品

ツイートする