あさになったのでまどをあけますよ

著者 :
制作 : 荒井 良二 
  • 偕成社
4.31
  • (182)
  • (94)
  • (44)
  • (6)
  • (8)
本棚登録 : 1042
レビュー : 163
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032323801

作品紹介・あらすじ

朝、めざめて窓をあける、という何気ない日常と、窓の外に広がるあたりまえの風景。けれども、その日常のくりかえしの中にこそ、生きるよろこび、そしてたしかな希望があることを、そっと気づかせてくれる一冊です。

「この絵本が好き! 2012年版」(平凡社刊) 国内絵本1位
「第59回産経児童出版文化賞」 大賞

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とってもよかったです。町や森や海の絵がとてもきれいで、まるでその景色のなかに旅行したかのような楽しみのある絵本。

    文字の字体も版画風で可愛く、特徴のあるのもいい。

    窓を開ける、ページをめくる、世界をのぞくのが楽しみになる本。

  • 全ての朝が素晴らしい...そんな風に思えたあの頃は遥か遠く。今日もそれでも朝は来た。
    今日のわたしが、世界を好きだと言えるように過ごしたい

  • シャキッと爽やかな気分になれる絵本

  • 読み聞かせ シンプルな当たり前なことができることに気付かされる

  • ・いろんな場所で「窓を開けますよ」と言って、私も「窓を開けよう」と思ったし、絵を見ていると自然で、もっと窓を開けようとなったから。

  • 荒井良二さんの絵本、どれも大好きだけど、これは「きょうはそらにまるいつき」と共に、大人におススメしたい絵本。

  • 何より絵が素晴らしい。子どもに媚びた日本の絵本が多い中、これは名作。

  • ブクログのレビューで知りました。
    荒井良二さんは山崎ナオコーラさんの『モサ』の挿し絵を書いてらして、ずっと気になっていましたが初読みです。

    繰り返しの言葉とリズム。
    似ているようで全然違う、でもやっぱり似ている、あの子とその子の朝。
    お日様がさしたり雲に隠れて見えなかったり。
    雨が降ったり降らなかったり。
    それでも朝は窓を開けて新しい空気を取り込む。

    窓から見えるいつもの景色。
    それはかけがえのないもの。
    「だから ぼくは ここがすき」

    好きだってことを心から肯定できる時って、どうしてこんなに満ち足りた晴れ晴れした気分になるのだろう、と思った。

  • いろいろな土地のいろいろな風景のなかで
    誰かが窓を開けている
    ぱかっ
    その場所で生きるその日その日がとても大事で
    人生は小さな美しい日の積み重ね
    それをそれぞれが思う場所で繰り広げていて

    知らない誰かの人生も
    私の人生の裏バージョン

    そんな気持ちになりますた。

    絵が独特のタッチ!
    かわいい生き物、人間
    大きな風景の中に小さな生き物
    明るい色で、美しいです

  • この絵本が出された頃おそらくすごく流行って、でも当時の私は荒井良二さんの絵が少し苦手で、ただそれだけの理由で読んでこなかった一冊。

    大人になって、またこの本に出会って、なぜ人気だったのか、分かった。

    これからあたたかい季節になって行くけれど、朝、眠気まなこにカーテンを開け、窓を開けて、朝の新しい空気を吸いたい。
    少し寒いけど、優しい光の中で、その空気を吸いながらお昼寝したい。

    そんなことがなぜか、したくなるような、幸せな気持ちになる一冊。

全163件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

荒井良二(あらい・りょうじ)
1956年山形県生まれ。『たいようオルガン』でJBBY賞を、『あさになったので まどをあけますよ』で産経児童出版文化賞・大賞を、『きょうはそらにまるいつき』で日本絵本賞大賞を受賞。2005年には日本人として初めてアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞するなど国内外で高い評価を得ている

「2019年 『あの日からの或る日の絵とことば』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒井良二の作品

あさになったのでまどをあけますよを本棚に登録しているひと

ツイートする