あさになったのでまどをあけますよ

著者 :
制作 : 荒井 良二 
  • 偕成社
4.31
  • (182)
  • (94)
  • (44)
  • (6)
  • (8)
本棚登録 : 1042
レビュー : 163
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032323801

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 荒井良二さんの作品は、長田弘との「空の絵本」、「森の絵本」は読んでいましたが、この作品はまだでした。他のレビューのおすすめで読んでみました。

    「あさになったので窓をあけますよ」、単純な毎朝の動作なのですが、絵本いっぱいに広がる風景は、朝の柔らかな光に満ちて、色鮮やかです。山間の村も、都会の街並みも、海辺の町も、みな朝日の中に広がり輝いています。

    絵のタッチは素朴なのですが、すべての風景が鮮やかな色彩で描かれ、朝の気持ちの良い空気を呼吸してるみたい。清々しい空気を入れて、よい一日が始まる予感。

    遠景の視点の中に窓を開ける子供たち、次に子供の視点で見た風景?視点の動きも面白い。

  • この絵本は「あさになったのでまどをあけますよ」たったそれだけのシンプルな話。
    朝になったら窓を開ける、誰もが毎日やっている当たり前のこと。
    窓の外の自分の住んでいる町を見てみる。ここを好きだと思う。
    空を見て、離れている家族を思う、遠くに住んでいる友達を思う。
    そして「きみのまちははれてるかな?」と思う。 なんか素敵。

  • 明るい。

  • いろんな場所の窓の外。
    色がきれい、おとなでも楽しめる
    C8793
    蔵書

  • きらきらした朝の光の下で、田舎の風景、街の景色、自然が目を覚ます。まどを開けたその瞬間、音は消え、世界の輝きだけが心に残る。そんな希望の朝を感じられる本。

  • とってもよかったです。町や森や海の絵がとてもきれいで、まるでその景色のなかに旅行したかのような楽しみのある絵本。

    文字の字体も版画風で可愛く、特徴のあるのもいい。

    窓を開ける、ページをめくる、世界をのぞくのが楽しみになる本。

  • 読み聞かせ シンプルな当たり前なことができることに気付かされる

  • 朝が来るというのは奇跡的なことなんだと思った。
    朝という時間に流れる時の流れはいいな。

  • 明るい色彩の、明るいタイトルに惹かれて手に取ってみた。
    朝になったので 窓を開けますよ。
    開け放たれた窓から、色々な風景が見える。
    清々しい気持ちになる一冊。

    東日本大震災で被害を受けた人々を想って作られた本と聞いて、胸に迫るものがあった。

  • 明るい色調がとても良い。
    朝!って感じだ。清々しい空気が立ち上ってくる。

    あさになったのでまどをあける。
    そんな行為をもう長くしていないなあ。
    私の窓からは、朝に見渡したい景色なんてない。
    「ここがすき」なんて言えないなあ・・・。

著者プロフィール

荒井良二(あらい・りょうじ)
1956年山形県生まれ。『たいようオルガン』でJBBY賞を、『あさになったので まどをあけますよ』で産経児童出版文化賞・大賞を、『きょうはそらにまるいつき』で日本絵本賞大賞を受賞。2005年には日本人として初めてアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞するなど国内外で高い評価を得ている

「2019年 『あの日からの或る日の絵とことば』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒井良二の作品

ツイートする