きょうはそらにまるいつき

著者 :
  • 偕成社
4.02
  • (66)
  • (58)
  • (50)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 1076
感想 : 79
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032324501

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • きれいな満月が浮かんでいる晩には、誰かが温かい目で見守ってくれてる、そんな気持ちになるお話し。誰かってお月さまかなぁ。

  • 昨日の夜は、あいにくの曇り空。
    おつきさまにはやくあいたいな。

  • 最近のんびりする時間が多くて、以前から何度か読む機会のあったこの本のこちらの言葉が頭の中をリフレインしまくるので、購入しました。

    きょうはそらにまるいつき

    いろんな人が、いろんな生き物が、いろんな場所で、同じ月を見ている。
    どんな気持ちで見ているのかな。
    どんなことがあった1日だったのかな。

    月って不思議だ。
    ついつい、見てしまうもの。

    赤ちゃんが月を見た時に見えていたかもしれないあの世界は、月からやって来ているものたちは、ありえないとは言えないな。
    なんだかすごく惹きつけられるシーンだった。

    夜に静かに読みたくなる絵本。


    2017.6.22
    友人に教えてもらった本。再読。
    うーん、好きな世界観だ、荒井良二氏。よい。

  • 仕事からの帰り道、「ごほうびのような おつきさま」を見てなんだか得した気分というか、嬉しくなることがある。
    月の明かりも、人が灯す灯りも、美しいなぁと思った。

  • 空って、世界中でつながっていて、大切なひとに会えない日々が続いても「どこかで同じ月を見ているかな」と思うことで救われることがあります。

    そんな世界観が描かれているように、わたしは読みました。

    老いるごとに「花鳥風月」の順番で、好きになると教えてもらったことがありますが、わたしはおしりの「月」から好きになりました。

    荒井良二さんの描く風景は、いつでも素敵です。

  • いつでも
    だれにでも
    まるいつきがある

    どんなよるも
    どんなときも

    だから大丈夫

    そういってくれてるようなほん

  • この絵本をゆっくりと読める心の状態、でなるべくありたいと思う。何かが不足している、と察知したそばから、すぐに補充しなければ、と自分を追い立てるような構えの日々に小休止を。

  • ごほうびのような おつきさま
    月を眺める余裕を持って生きたい。

  • 大きなお月様が載っていて
    絵柄もやさしい感じなので
    息子は気に入ってました。

  • どんな日だって、どんな場所にだって同じように月がそこにあって、沢山の人や動物達を優しく照らしてくれている。当たり前だけど、当たり前じゃないんだな。

全79件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1956年山形県生まれ。『たいようオルガン』でJBBY賞を、『あさになったので まどをあけますよ』で産経児童出版文化賞・大賞を、『きょうはそらにまるいつき』で日本絵本賞大賞を、『こどもたちは まっている』で日本絵本賞を受賞するほか、2005年には日本人として初めてアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞するなど国内外で高い評価を得る。また、NHK連続テレビ小説「純と愛」のオープニングイラストを担当、2018年まで「みちのおくの芸術祭山形ビエンナーレ」芸術監督を務めるなど、その活動の幅を広げている。

「2023年 『みんなたいぽ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒井良二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アーサー・ビナー...
ヨシタケ シンス...
アンヌ クロザ
トーン・テレヘン
ジョン・クラッセ...
ジョゼ・ジョルジ...
ヨシタケ シンス...
ヨシタケシンスケ
トミー=アンゲラ...
パトリック・マク...
エラ・フランシス...
辻村 深月
イザベル・シムレ...
モーリス・センダ...
鈴木 のりたけ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×