だんまりこおろぎ―虫の音がきこえる本 (ボードブック)

  • 偕成社
3.58
  • (21)
  • (18)
  • (57)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 347
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032371307

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2-2 2019/09/11

    **********
    「秋」に。

  • 2017.2.14
    羽をこすっても最初は音が鳴らない小さなこおろぎ。いろんな虫たちと出会って、成長し、最後に仲間に出会ってきれいな音を奏でる。こおろぎは子どもそのものだね。

  • 6分

  • かいちゃんが はらぺこあおむしを読んで 巻末をみて これを借りて欲しいとリクエスト
    り。1054
    5y7m
    じ。434
    2y11m

    りんりんなるのが、すぐならなくなっちゃって。
    ストーリーも、はらぺこあおむしははねたんだろうけど、これはカルテットなんだろうがあんまりだった。

  • 最初図書館でこの本を知った時びっくりした。
    私がこどもの時、こんな本なかったなぁ。

  • 2018.05 1-4、2-2

  • こおろぎぼうやがいろんな虫にあいさつをしたくて、羽をこしこしこし。
    しかし、音がでない。

    最後にこおろぎぼうやがおんなのこのこおろぎに会うと、
    きれいな音が・・・。
    月が出ている夜に、おんなのこと出会い、うたをうたえることができたこおろぎ。
    夜の最後の風景がいい。
    図書館で借りたので音はでないので、これから購入して音をたしかめようかな。

    五か月。まだ読んでいない。

  • こしこしこし、と毎回試みるこおろぎ。リズムがあって読みやすいです。いろんな虫たちが出てくるので、そこも楽しめる。

  • 2019   1-2 仲よし低学年
    29年度  3-3  5-3
    28年度 (2-1)(2-3)(6-1)
    27年度(仲よし)
    6分

  • [墨田区図書館]

    以前既に読んだことがあったはずだけど、なぜか登録されていなかったエリックカールの一冊。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作者 エリック・カール Eric Carle(1929~)
アメリカのニューヨーク州に生まれ、ドイツで育つ。シュトゥットガルトの美術アカデミーで美術を学び、卒業後アメリカへ戻ってグラフィックデザイナーとなる。1968年に出版した絵本『1、2、3どうぶつえんへ』がボローニャ国際児童図書展グラフィック大賞を受賞。以降、絵本作家として活躍。世界的なベストセラー『はらぺこあおむし』をはじめ、『パパ、お月さまとって!』『だんまりこおろぎ』『ホットケーキできあがり!』など、作品多数。2002年、マサチューセッツ州に〈エリック・カール絵本美術館〉を設立。2003年、ローラ・インガルス・ワイルダー賞を受賞。

「2020年 『英語でもよめる できるかな? あたまからつまさきまで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エリック・カールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック=カール
ヘレン・バンナー...
にしまき かやこ
ばーじにあ・りー...
トミー=アンゲラ...
モーリス・センダ...
シェル・シルヴァ...
なかがわ りえこ
有効な右矢印 無効な右矢印

だんまりこおろぎ―虫の音がきこえる本 (ボードブック)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×