パパ、お月さまとって! (ボードブック)

制作 : Eric Carle  もり ひさし 
  • 偕成社
4.10
  • (34)
  • (13)
  • (23)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 266
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032371802

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お月さまはとれます。絶対パパがとってくれます。
    みんなのお友だちです。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「絶対パパがとってくれます」
      パパは大変だ、、、
      「絶対パパがとってくれます」
      パパは大変だ、、、
      2012/04/16
    • ucosさん
      nyancomaruさん
      パパは、大変ですよ~^^
      だけどパパにとって子どもの喜ぶ顔はきっと、不可能を可能にしちゃうパワー100%!
      nyancomaruさん
      パパは、大変ですよ~^^
      だけどパパにとって子どもの喜ぶ顔はきっと、不可能を可能にしちゃうパワー100%!
      2012/04/17
  • 子どもの純粋な気持ち、夢。ユニークなお話。色合いが綺麗

  • 仲秋のお月さんに出逢うたびに
    眺めたい一冊です

  • 次女に買ってあげた本。パパからのプレゼント。うちのパパも御月様取ってくれるだろうか。

  • ★が全てです。

  • すぐ近くに見えるのに、手が届かない。
    ながーい、ながいはしごを、たかーい、たかい山の天辺にかけて、ようやく届くくらい高い所にいる。
    毎晩、少しずつ小さくなっていき、消えてしまったと思ったら、また少しずつ大きくなっていく。

    子どものファンタジーに寄り添う大人の姿と、科学的思考の面白さが詰まった絵本です。

  • うちの子はパパがとっても大好き!
    その気持ちをパパと存分に共有できる絵本です(^_^)

  • 私が好きな絵本の一つです。エリックカールのコラージュがとっても素敵です。しかけ絵本で楽しみ方もいっぱい。

    1.6歳以降 突然のブームがきました。最後のだんだんおおきくおおきくおおきくなりました、が、大好きでそこばかり読ませます。そして笑います。
    夫がこの絵本を読み聞かせていたとき、「うえへうえへ」を読み間違えて「うへえうへえ」と読んでました。それでも話は通じました。

  • お月見の夜に

  • 図書館で借りました。
    素晴らしい本です。
    息子がもう少し大きくなったら、ぜひ読み聞かせしたいと思いました。

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

エリック・カール(Eric Carle) 
1929年、アメリカのニューヨーク州生まれの絵本作家。西ドイツで育ち、シュトゥットガルト造形美術大学で学んだ。1952年にアメリカに戻り、グラフィックデザイナーとして活躍後、1968年『1、2、3どうぶつえんへ』を発表し、ボローニャ国際児童図書展グラフィック大賞を受賞。
1969年『はらぺこあおむし』でアメリカ・グラフィックアート協会賞を受賞、60ヶ国語に翻訳され、全世界で累計3000万部超の一大ベストセラーとなった。

エリック・カールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかの ひろたか
モーリス・センダ...
かがくい ひろし
馬場 のぼる
にしまき かやこ
酒井 駒子
有効な右矢印 無効な右矢印

パパ、お月さまとって! (ボードブック)を本棚に登録しているひと

ツイートする