あなに おちた ぞう (はじめてよむ絵本)

著者 :
制作 : 村上 勉 
  • 偕成社
3.63
  • (3)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 53
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032401103

作品紹介・あらすじ

おおきなぞうが、おおきなあなにおちました。さるがきて、きつねがきて、カバがきて、サイがきて、みんなで「よいしょよいしょ。」ひっぱりましたがそれでもたすけだせません。やっとたすけたとおもったら、あらあらあら…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いちばん小さなハチが大活躍するのが魅力的。

  • ・図書館で借りた

  • 朝の礼拝で紹介された本です。

  • 27年度 (2-2)

  • 978-4-03-240110-3 40p 2008・12・? 改訂版15刷

  • はちが知恵者だとは…!

  • むらかみつとむさんの絵はなんだか落ち着くねぇ。子供心に返るというか。。。

    穴に落ちたぞうを、動物達がなんとかして助けようとするお話。
    大きなサイから、小さなハチまでが、知恵と体を使って奮闘する。

    とても良い絵本だと思ったけど、R君には幼い感じだったかな?

  • 穴に落ちてしまった象が、上がろうとして頑張って鼻が伸びてしまったけれど…蜂が現れて?

  • (幼稚園)
    ぞうの はなは、 のびて のびて…

  • 私がの記憶の中で、幼少の頃に自分で読んだ初めての絵本かも。
    みんなに引っ張ってもらううちに、ぞうの鼻がどんどん伸びてしまうのを、本気で心配しながら読んだ記憶があります。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

寺村輝夫(てらむら てるお)
1928年11月8日 - 2006年5月21日
東京都生まれ。早稲田大学卒業。文京女子大学(現・文京学院大学)名誉教授。童話や絵本作品を数多く執筆し、毎日出版文化賞、国際アンデルセン国内賞、巌谷小波文芸賞、講談社出版文化賞絵本賞を受賞。

あなに おちた ぞう (はじめてよむ絵本)のその他の作品

寺村輝夫の作品

ツイートする