くまのパディントン 改訂版 (パディントンえほん 1)

  • 偕成社
4.17
  • (5)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032410105

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 8分半

    くまのパディントンの最初のお話絵本。
    パディントン駅に一人で立つパディントンを見つけたブラウンさん夫妻。
    お風呂で溺れかけているところをジュディーとジョナサンに助けられる。
    パディントンの楽しい生活が始まる。

  • くまのパディントンの原点。

  • 奇妙な主人公を引き取る家族って、たいてい気のいい人が多いけど、ブラウン家も例にもれず…。パディントンが今後しでかす騒動を考えると、ちょっとどきどきします。

  • 有名どころだが読んだことがなかったので、図書館で借りた

    パディントン駅のホームでブラウン夫妻に拾われた(?)くまのパディントンのおはなし(シリーズ第一作)
    「これまで左開き横組みだった同書名の本を右開き縦組みに編集しなおして、大判化
    したもの」らしい

    「なんだか ちいさな けの ぽやぽやしたもの」という表現に、にやりとしてしまう
    パディントンは捨てられたわけではないけれど、犬や猫を拾う人がいるのだから、熊を拾う人がいても、ほんとうはおかしくないはず
    ブラウン家で早速そそっかしいパディントン、お風呂の名前のシーンかがかわいい
    幼い頃、私も自分の名前を漢字で書いて満足していたなぁ、と思い出した

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

サイエンスライター。『The Power of Others』で2015年イギリス心理学会賞を受賞している。

「2022年 『失われゆく我々の内なる地図』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マイケル・ボンドの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×