くまのパディントン (パディントン絵本)

制作 : フレッド バンベリー  中村 妙子 
  • 偕成社
4.20
  • (5)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784032410105

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 奇妙な主人公を引き取る家族って、たいてい気のいい人が多いけど、ブラウン家も例にもれず…。パディントンが今後しでかす騒動を考えると、ちょっとどきどきします。

  • 有名どころだが読んだことがなかったので、図書館で借りた

    パディントン駅のホームでブラウン夫妻に拾われた(?)くまのパディントンのおはなし(シリーズ第一作)
    「これまで左開き横組みだった同書名の本を右開き縦組みに編集しなおして、大判化
    したもの」らしい

    「なんだか ちいさな けの ぽやぽやしたもの」という表現に、にやりとしてしまう
    パディントンは捨てられたわけではないけれど、犬や猫を拾う人がいるのだから、熊を拾う人がいても、ほんとうはおかしくないはず
    ブラウン家で早速そそっかしいパディントン、お風呂の名前のシーンかがかわいい
    幼い頃、私も自分の名前を漢字で書いて満足していたなぁ、と思い出した

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

英国の児童文学作家。1926年生まれ。58年『くまのパディントン』を発表。シリーズ化された「パディントン」は現在も世界中で人気を博している。大人向けのミステリー「パンプルムース氏」のシリーズでも知られる。

「2016年 『人形の家にすんでいたネズミ一家のおはなし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

くまのパディントン (パディントン絵本)のその他の作品

マイケル・ボンドの作品

ツイートする