りゅうの めの なみだ (いわさきちひろの絵本)

著者 :
制作 : いわさき ちひろ 
  • 偕成社
3.92
  • (16)
  • (15)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :148
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (33ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033020105

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昭和に書かれた物語。優しいまなざしに包まれている。

  • 絵がいい、内容と

  • 竜は怖いものをされ、悪い子にしていると竜が来ると言って子供たちをしつけていた。
    ところが、不思議な子供がいた。
    家族のものが竜は怖いということを教えずに育てたらしく、竜を怖がらなかった。
    その不思議な子供が誕生日を迎えることになり、竜を誕生日に招待したいと言い出す。
    これにはさすがの母親も冗談を言うなと言うが、不思議な子供は誕生日が近づくと山の中へ入り、竜を探し出すことにした。
    竜を呼ぶ声は竜にも届き、不思議な子供は竜を誕生日の招待する旨を伝える。
    竜は今までずっと畏れられていたため、こんなに暖かく接されるのは初めてだ、と涙を流す。
    これからは人のためになることをしよう、と不思議な子供を背に乗せ川を下る途中で、竜の体がだんだんと固くなり、気が付けば大きな黒い竜の形をした舟に姿が変わっていたのだった。

    中国の昔話かと思ったら濱田廣介だった。
    最後がいかにも濱田廣介らしい。

    どうせなら一回くらい誕生日の席に並んでもよかったのに。

  • 憎まれた者の蘇生。一人いればいいんだ。憎しみの連鎖から愛情の連鎖。

  • 2年生の教科書に紹介されている

  • カバーにオレがありますが、中ともに綺麗な状態です。

  • りゅうという恐れられている存在でみなが避けている。そんなかたくなにこころを閉ざしている人は、思いやりと優しさをもって接すれば、心を開いてくれる、そんなことを言っているような気がした。優しさは時として大きな力となるんだなと。

    見た目や外見でその人を判断するのではなく、ちゃんと中身をみてあげることって大切だなーと思った。見た目で9割とかいう本もあるけれど、見た目もある程度大事だけれど、中身だよね。ま、不細工な人ともつきあったけれど、やっぱり毎日みるなら、ある程度の人がいいかもとか最近思う。イケメンだけしか認めないというのも行き過ぎていると思うけど。

  • 『りゅうのめのなみだ』
    画のすばらしさに引き込まれるでしょう。
    不思議な物語にぴったりの水彩の淡いタッチ。

    (ちひろワールドにいらっしゃい END)

  • いわさきちひろさんの絵が美しい本です。言葉使いも昔を感じさせますが、とても丁寧で、ちひろさんの絵と合っていて素敵です。

  • 今年の年賀状はこの竜のデザインをいただきました(◎^▽^◎)墨でバックを塗りつぶして、ホワイトな竜に仕上げました。なかなかの出来でしたねぇ(自画自賛)。。。話はいい話ですよ。

全20件中 1 - 10件を表示

浜田広介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マージェリィ・W...
なかがわ りえこ
モーリス・センダ...
A.トルストイ
酒井 駒子
有効な右矢印 無効な右矢印

りゅうの めの なみだ (いわさきちひろの絵本)に関連する談話室の質問

ツイートする